死王(しおう)リッチーロード/Lich Lord, King of the Underworld》

効果モンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻2400/守1200
このカードをアドバンス召喚する場合、
リリースするモンスターは闇属性モンスターでなければならない。
(1):このカードが効果でリリースされ墓地へ送られた場合に発動する。
墓地のこのカードを手札に加える。

 ストラクチャーデッキ−暗闇の呪縛−で登場した闇属性アンデット族上級モンスター
 闇属性モンスター以外をリリースしてアドバンス召喚できない召喚条件カードの効果リリースされた場合に墓地から手札戻る誘発効果を持つ。

 アドバンス召喚リリース闇属性縛りがあるが、もともと【アンデット族】には闇属性が多く、《ピラミッド・タートル》によるリクルートにも対応している。
 もっとも効果の活用を考えると、そもそもこのカードフィールドに出す機会自体が稀であろう。

 モンスター効果は「カードの効果リリース」された場合に自己サルベージを行うもの。
 アドバンス召喚リリースや、《魔のデッキ破壊ウイルス》などのコストによるリリースには対応していない。コストと効果も参照)
 上級モンスターでありフィールドに出しにくいので、実質的な使いみちは手札からのリリースが可能な儀式魔法に限られるだろう。
 儀式魔法リリースすれば即座に手札に戻ってくるので、儀式魔法を連発しやすくなる。
 レベル6・闇属性アンデット族《リヴェンデット・スレイヤー》とは属性種族面のサポートも共有できる。
 ただ、ヴェンデットヴェンデットモンスターリリースして儀式モンスター効果を付与することを主戦術としており、デッキコンセプトとの噛み合いが悪い。

 儀式モンスターの中では特に《ヴァルキュルスの影霊衣》と相性がいい。
 効果手札のこのカードリリースした場合、実質ディスアドバンテージ無しで手札が1枚増えることになる。
 前述の儀式魔法とのコンボの他、レベル8の儀式モンスターであるため、このカードサーチ可能な《ゴブリンゾンビ》リリース要員に使いやすく、コンボを成立させやすい。

関連カード

ウイルスと同じ文字を冠する王は《魔王ディアボロス》を参照

このカードを効果リリースする事ができるカード

収録パック等

FAQ

Q:《魔のデッキ破壊ウイルス》等で「コストによるリリース」にした場合、手札に戻りますか?
A:いいえ、戻りません。(11/03/11)

Q:手札から儀式魔法リリースにした場合、手札に戻りますか?
A:はい、戻ります。(11/03/11)

Q:相手《痛み分け》リリースされた場合、手札に戻りますか?
A:《痛み分け》は、プレイヤーが受ける効果です。
  よって他のカードの効果リリースした扱いにならず、手札戻すことはできません。(09/08/22)


Tag: 《死王リッチーロード》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 アンデット族 攻2400 守1200

広告