疾走(しっそう)暗黒騎士(あんこくきし)ガイア/Charging Gaia the Fierce Knight》

効果モンスター
星7/光属性/戦士族/攻2300/守2100
「疾走の暗黒騎士ガイア」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):リリースなしで召喚したこのカードの元々の攻撃力は1900になる。
(3):このカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから「カオス・ソルジャー」モンスター1体を手札に加える。

 ディメンション・オブ・カオスで登場した光属性戦士族最上級モンスター
 リリースなしで召喚できる召喚ルール効果妥協召喚した場合に攻撃力1900になるルール効果カオス・ソルジャーモンスターサーチできる誘発効果を持つ。

 (1)(2)の効果は連動しており、特に条件もなく妥協召喚できる上に、その場合でも下級アタッカー並の攻撃力を備えているので扱いやすい。
 《疾風の暗黒騎士ガイア》と比較すると、リリースなしで召喚するための条件が緩い代わりに、攻撃力がダウンするデメリットがあり、属性も異なる。
 レベル7として《七星の宝刀》に対応しており、戦士族なので《戦士の生還》で使い回すことも容易である。
 一方、単純に光属性戦士族として見た場合には、サポートカードが豊富な《E・HERO アナザー・ネオス》などもいる。
 レベルの違いや、暗黒騎士ガイアの名、(3)の効果を有効活用したい。

 (3)の効果は、リリースされた時にカオス・ソルジャーモンスターサーチする効果
 アドバンス召喚は狙い辛いが、リリースされる場所を問わないので、儀式召喚リリースに使用しても条件を満たせる。
 カオス・ソルジャーには儀式モンスターも存在するので、儀式召喚との相性は良好である。
 ただし、《超戦士の儀式》を使用する場合は、レベル合計を丁度8にしなければならないので、他にレベルモンスターが必要になる。
 《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》サーチし、墓地闇属性モンスターと共に召喚コストにすることで、即特殊召喚に繋げることも可能である。

 儀式召喚以外では《ターレット・ウォリアー》との相性が良く、即座にリリースして攻撃力3500のモンスター特殊召喚しつつ、カオス・ソルジャーサーチすることができる。
 《オッドアイズ・セイバー・ドラゴン》ならば墓地闇属性《オッドアイズ・ドラゴン》を用意しつつリリースできるので、《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》をそのまま特殊召喚できる。
 汎用性が高い《エネミーコントローラー》も有力だろう。

 《E・HERO アナザー・ネオス》と同じように、あちらには及ばないがサポートカードが多いためこのカードや他の暗黒騎士ガイアと共に専用のビートダウンデッキを組むことができる。
 こちらは《帝王の轟毅》によるサクリファイス・エスケープが可能であり、《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》サーチできる。
 《覚醒の暗黒騎士ガイア》《一回休み》《スキルドレイン》との相性が良い。
 《暗黒騎士ガイアロード》とは上記のカードの相性は悪いがエクシーズ召喚に繋ぎやすい。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:《死皇帝の陵墓》など、(1)の効果以外の方法でリリースなしで召喚したこのカード攻撃力はどうなりますか?
A:その場合でも(2)の効果適用され、1900になります。(15/07/17)

(3)の効果について

Q:ダメージステップに(3)の効果発動する事ができますか?
A:はい、発動できます。(15/07/18)

Q:相手によってリリースされた場合でもサーチ効果発動出来ますか?
A:はい、可能です。相手によってリリースされた場合でもサーチ効果発動することが出来ます。(15/07/27)


Tag: 《疾走の暗黒騎士ガイア》 モンスター 効果モンスター 星7 光属性 戦士族 攻2300 守2100 暗黒騎士ガイア

広告