呪言(じゅごん)(かがみ)/Mirror of Oaths》

通常罠
相手がデッキからモンスターを特殊召喚した時に発動できる。
そのモンスターを破壊し、自分はデッキからカードを1枚ドローする。 

 RAGING BATTLEで登場した通常罠
 相手デッキから特殊召喚に成功したモンスター破壊し1枚ドローする効果を持つ。

 特殊召喚されたモンスターの数は問わないため《レスキューラビット》などによる2体以上の特殊召喚であっても全て破壊できる。
 他には《魔界発現世行きデスガイド》《緊急テレポート》《召喚僧サモンプリースト》《ローンファイア・ブロッサム》等で特殊召喚されたモンスターにも有効。
 各種/バスターにも対応しており、破壊ドローは同時扱いではないため、元の蘇生を許したりはしない。
 聖刻剣闘獣などにも対応できるため発動機会は意外と存在する。

 ドロー効果のおかげで発動できればそれだけでアドバンテージが望める。
 破壊のみなので特殊召喚に成功した時に発動するモンスター効果を止めることはできないが、損をしている訳ではないので悪くはないだろう。
 ただ、相手デッキからモンスター特殊召喚してこなければ完全に腐ることになる。
 1戦目で相手が上記のメタ対象となるカードを使用していることを確認した上でサイドから投入することが望ましい。

 自分発動したカードによって特殊召喚された場合でも、相手特殊召喚する扱いならば発動できる。
 具体的には、《地獄の暴走召喚》《マジシャンズ・サークル》などのデメリットを帳消しにすることが可能。
 これらのカードを採用しているなら、メインデッキからの投入を検討してみても良いだろう。

収録パック等

FAQ

Q:対象をとる効果ですか?
A:いいえ、とりません。(09/02/27)

Q:破壊ドローは同時扱いですか?
A:違います。(09/03/05)

Q:効果解決時モンスター破壊できなかった場合はドロー処理はされますか?
A:破壊できない場合はドロー処理は行われません。(09/02/27)

Q:《レスキューキャット》等の効果で同時に複数のモンスターデッキから特殊召喚された時に発動した場合はどうなりますか?
A:特殊召喚されたモンスター全てが破壊されます。(09/03/04)

Q:ダメージステップ発動できますか?
A:発動できません。(09/02/14)

Q:エクストラデッキから特殊召喚された場合、発動できますか?
A:できません。(09/02/14)

Q:《D・モバホン》効果によってデッキからめくった後に特殊召喚された場合は発動できますか?
A:その場合でも発動できます。(09/03/04)

Q:このカード効果解決時特殊召喚されたモンスター裏側表示になった場合は破壊されますか?
A:その場合でも破壊されます。(09/03/04)

Q:《カオスポッド》《サイバーポッド》効果によってモンスター特殊召喚された場合は発動できますか?
A:発動できます。
  その場合、相手特殊召喚されたモンスターが全て破壊され、このカード発動したプレイヤードロー処理をします。(09/03/13)

Q:《マジシャンズ・サークル》効果によってモンスター特殊召喚された場合は発動できますか?
A:発動できます。
  その場合、相手特殊召喚したモンスターのみが破壊され、このカード発動したプレイヤードロー処理をします。(09/03/05)

Q:自分コントロールするカード《マジシャンズ・サークル》等)の効果によって相手デッキからモンスター特殊召喚した場合は自分はこのカード発動できますか?
A:はい、発動できます。(09/03/05)

Q:《マジカルシルクハット》効果によって特殊召喚された場合は発動できますか?
A:モンスター特殊召喚した扱いになるため、発動できます。(10/08/29)


Tag: 《呪言の鏡》 通常罠

広告