熟練(じゅくれん)青魔道士(あおまどうし)/Skilled Blue Magician》

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1800/守1800
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分または相手が魔法カードを発動する度に、
このカードに魔力カウンターを1つ置く(最大3つまで)。
(2):魔力カウンターが3つ置かれているこのカードをリリースして発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「暗黒騎士ガイア」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(3):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカード1枚を対象として発動できる。
そのカードに魔力カウンターを1つ置く。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 魔力カウンターを自身に置く永続効果暗黒騎士ガイア特殊召喚する起動効果墓地の自身を除外して魔力カウンター置く起動効果を持つ。

 暗黒騎士ガイア攻撃力2300と微妙な数値の上、戦闘に優れた効果を持つ訳でもない。
 またほとんどが手札から召喚特殊召喚する効果を持つため、《混沌の場》サーチしても問題なく運用できる場合が多い。
 わざわざ魔力カウンターを3つも貯めて(2)の効果リクルートする価値はまずない。

 使うなら(1)と(3)の効果を活かした【魔力カウンター】だろう。
 (1)の魔力カウンターが貯まる速度は《マジカル・コンダクター》に劣るが、(3)の効果《異次元からの埋葬》等を組み合わせれば独自の動きが見込める。
 墓地のこのカードの枚数分《魔導戦士 ブレイカー》《アーカナイト・マジシャン》除去枚数が増えるのは魅力的である。
 また、【図書館エクゾ】等で使われる《王立魔法図書館》属性種族レベルが同じなので、相互に《同胞の絆》リクルートできる。

  • 「青魔道士」の元ネタは、TVゲーム『ファイナルファンタジー』シリーズに登場する同名のジョブ(職業)と思われる。
    敵モンスターから受けた攻撃を習得して使用する事ができるジョブである。
    同シリーズには他にも「黒魔術士」「白魔道士」「赤魔術士」等のジョブも登場する。

関連カード

収録パック等


Tag: 《熟練の青魔道士》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 魔法使い族 攻1800 守1800 魔力カウンター

広告