除草獣(じょそうじゅう)/Snyffus》

チューナー(効果モンスター)
星1/地属性/獣族/攻 100/守 100
1ターンに1度、自分フィールド上に存在する
植物族モンスター1体をリリースする事で、
相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して破壊する。
また、このカードが墓地に存在し、フィールド上に存在する植物族モンスターが破壊された時、
このカードを墓地から特殊召喚する事ができる。
この効果で特殊召喚されたこのカードは、フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。

 EXTRA PACK Volume 4で登場した地属性獣族下級モンスターチューナー
 植物族リリースする事で除去を行う起動効果と、植物族破壊された時に自己再生できる誘発効果を持つ。

 1つ目の効果は、獣族である自身をリリースできない為、《ならず者傭兵部隊》のような事はできない。
 しかし、植物族蘇生及びトークン生成に長けた種族なので、効果発動は十分狙っていけるだろう。

 2つ目の効果は、《返り咲く薔薇の大輪》に類似した蘇生効果
 《返り咲く薔薇の大輪》と比較して、レベルに制限はないが、使用後は除外されてしまうので何度も使いまわすのは難しい。
 任意効果である為タイミングを逃す事はありうるが、破壊自分相手かを問わない点は優れている。

 《DNA改造手術》《ナチュル・パイナポー》があれば、トークンや自身をリリース相手カード破壊する事が出来る。
 特に《DNA改造手術》の場合、《王宮の鉄壁》と組み合わせる事で「自身をリリースして相手モンスター破壊」→「その破壊トリガーとして蘇生」を繰り返し行い、相手表側表示モンスターを一掃することが可能。
 また、その状態でフィールド墓地にこのカードが一枚ずつ存在していれば、互いに蘇生し合えるため擬似的な破壊耐性を得る事もできる。

  • 英語名は、犬などが鼻をくんくんさせる事を意味する動詞「sniff」を元にした造語だろう。

関連カード

イラスト関連

―《除草獣》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:効果の種別は何ですか?
A:カード1枚を破壊できる効果は起動効果、自身を特殊召喚する効果は誘発効果となります。(13/06/23)

Q:ダメージステップ破壊された時に発動できますか?
A:いいえ、できません。(11/09/17)

Q:フィールド上に存在するこのカード植物族が同時に破壊され、このカード墓地に送られた時にこのカードの効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(11/11/09)

Q:植物族裏側表示のままカードの効果破壊された時に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(13/09/25)

Q:種族が変更され植物族になっている、元々の種族が別のモンスター破壊された時に発動できますか?
A:はい、できます。(11/12/12)


Tag: 《除草獣》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 地属性 獣族 攻100 守100

広告