召喚魔術(しょうかんまじゅつ)/Invocation》

通常魔法
「召喚魔術」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
「召喚獣」融合モンスターを融合召喚する場合、
自分フィールド及び自分・相手の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
除外されている自分の「召喚師アレイスター」1体を対象として発動できる。
墓地のこのカードをデッキに戻し、対象のモンスターを手札に加える。

 ブースターSP−フュージョン・エンフォーサーズ−で登場した通常魔法
 融合モンスター融合召喚する効果、自身をデッキ戻し除外された《召喚師アレイスター》サルベージする効果を持つ。

 (1)の効果融合召喚を行う効果
 融合召喚できる融合モンスターには一切縛りがないものの、召喚獣以外を融合召喚する場合は手札融合専用となる。
 融合素材サーチサルベージして揃えるなら相性は良いが、リクルート蘇生するデッキとは相性が悪い。
 元々【正規融合】系のデッキはあまり融合素材となるモンスターの展開に長けていないため、手札融合での利用が多く、苦になりづらい。
 とは言え、【凡骨融合】等の様に融合素材の回収を考慮しないのであれば《フュージョン・ゲート》の方が回数制限がない分、扱いやすい。
 また、融合召喚に特化したカテゴリの多くは召喚時にサーチ蘇生等を行うモンスターを起点に融合素材を揃えるものが多く、フィールドを組み込めないため相性が悪い。
 召喚獣以外の融合召喚はあくまで補助的な選択肢として割り切り、基本的には召喚獣融合召喚専用として運用したい。

 召喚獣融合モンスターの場合、自分フィールドお互い墓地融合素材にできる。
 相手フィールドは組み込めないため《超融合》ほど直接的なアドバンテージは奪えないが、墓地アドバンテージを奪える貴重な手段となる。

 (2)の効果除外されている《召喚師アレイスター》サルベージしつつ自身をデッキに戻す効果
 基本的に、このカードサーチするために召喚した《召喚師アレイスター》融合素材として除外し、この効果に繋ぐことになる。
 実質的に《召喚師アレイスター》を消費せずに融合召喚ができ、さらに次のターンに再び召喚すればこのカードサーチできる。
 このサイクルにより、手札消費を抑え、召喚獣の毎ターン融合召喚も可能になる。

 なお、(2)の効果を使うには融合召喚を行う必要はなく、手札に来るこのカード墓地に置け、フィールド《召喚師アレイスター》除外できる手段があればサイクルが確立する。
 例えば、《フューチャー・ヴィジョン》《召喚僧サモンプリースト》があれば、召喚した《召喚師アレイスター》除外され、手札コストとしてこのカード墓地に置け、次のターンも利用できる。

 基本的に、召喚獣の採用による墓地除外やループ、あるいは《召喚師アレイスター》が持つ攻撃力補助等を利点として、セットで採用することになる。
 《召喚師アレイスター》効果や、《融合》とそのサーチ手段との比較についてはあちらのページを参照。

  • 「召喚魔術」とは、「降霊術」の同義語であり、アレイスター・クロウリーが専門にしていた魔術である。
    彼はこの魔術により聖守護天使「アイワス」なる知的存在を召喚したと言われている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《召喚魔術》 魔法 通常魔法

広告