召命(しょうめい)神弓(しんきゅう)−アポロウーサ/Apollousa, Bow of the Goddess》

リンク・効果モンスター
リンク4/風属性/天使族/攻   ?
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
トークン以外のカード名が異なるモンスター2体以上
(1):「召命の神弓−アポロウーサ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードの元々の攻撃力は、このカードのリンク素材としたモンスターの数×800になる。
(3):相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
このカードの攻撃力を800ダウンし、その発動を無効にする。

 RISING RAMPAGEで登場した風属性天使族リンクモンスター
 同名カードは1体しか表側表示で存在できないルール効果リンク素材にしたモンスターの数に比例した元々の攻撃力になる永続効果、自身の攻撃力を下げる事で相手モンスター効果の発動無効にする誘発即時効果を持つ。

 (2)は、リンク素材にしたモンスターの数に比例した攻撃力になる効果
 攻撃力は1600、2400、3200のいずれかとなる。
 リンク素材4体でようやく攻撃力3000を越え、それでいて他に戦闘向けの能力も持たないため、単に高い攻撃力戦闘要員が欲しいだけなら、他のリンク4を使った方が良い。
 そのためこのカード攻撃力を高めるのは、(3)の効果の使用回数を増やしつつ、最低限戦闘破壊から守れる数値を確保する事が目的となる。
 4体でリンク召喚すれば最大4回まで効果を使用できるが、カード名が異なる必要もあるため、リンク召喚の難易度はかなり高くなる。
 加えて後述するように必ずしも場持ちの良いモンスターではないため、複数回の発動を狙えない事も多く、手間をかけただけのリターンを得られない可能性が高い。
 無理に4体のリンク召喚を狙わず、《水晶機巧−ハリファイバー》などを経由して消費を抑える事も考慮したい。
 手札誘発による妨害を防げるため、できるだけ序盤にリンク召喚すれば、後の展開を通しやすい。

 (3)は、自身の攻撃力を下げる事で相手モンスター効果発動無効にする効果
 1ターン発動制限が無いので、居座るだけで一定の制圧力を持つ。
 ただし、1回あたりの弱体化数値は大きいため戦闘破壊で突破される可能性は高く、また魔法・罠カードには無力なので単体では長期間の場持ちは期待しにくい。
 余裕があれば他のカード強化したり、魔法・罠カードへのカウンター能力を持つモンスター等と併用して補えれば理想的。
 また、相手戦闘破壊を狙ってくるのを利用して攻撃反応型罠カードと併用するのも手。
 《イージーチューニング》などの強化が持続するコンバットトリック戦闘破壊を回避して効果の使用回数を増やすのも良い。
 《月鏡の盾》装備すれば戦闘破壊の不安がなくなるだけでなく、戦闘の度にリンク召喚時の攻撃力に戻るため、(3)の発動回数を増やせる。

  • 「アポロウーサ」は、ギリシャ神話に登場する月と狩りの女神アルテミスの別名の1つである。

関連カード

収録パック等


Tag: 《召命の神弓−アポロウーサ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク4 風属性 天使族 攻?

広告