捷炎星(しょうえんせい)−セイヴン/Brotherhood of the Fire Fist - Raven》

効果モンスター
星3/炎属性/獣戦士族/攻 200/守1800
このカードがフィールド上から墓地へ送られた場合、
デッキから「炎舞」と名のついた魔法カード1枚を選んで自分フィールド上にセットできる。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上の「炎舞」と名のついた魔法・罠カードは相手のカードの効果では破壊されない。

 COSMO BLAZERで登場した炎属性獣戦士族下級モンスター
 フィールドから墓地へ送られた場合に炎舞と名のついた魔法カードデッキからセットする誘発効果炎舞相手カードの効果による破壊から守る永続効果を持つ。

 「フィールドから墓地へ送られた場合」という非常に緩い条件で炎舞サーチ可能であり、タイミングを逃す心配もない。
 この効果墓地発動するため《炎王の急襲》リクルートした場合でも無効化されず、アドバンス召喚リリース等に使ってもアドバンテージを失いにくい。
 同様に《デブリ・ドラゴン》から蘇生させた場合も、シンクロ素材リンク素材として墓地へ送ることで効果発動できる。
 《連鎖除外》などの除外にさえ気を付ければ確実にサーチ効果発動できるため、炎舞を使用するデッキでは積極的に採用できる。
 1ターンに1度の制約もないため、複数体特殊召喚してから墓地へ送った場合は複数枚サーチ可能。

 炎舞相手カードの効果による破壊から守る効果は、相手《サイクロン》等に無力化されやすい永続魔法炎舞等との相性も良く、炎舞を必要とする他の炎星の補助にもなる。
 また、破壊効果をこちらに向けさせ、サーチ効果を使わせやすくなる副次的な効果もある。
 1度でも仕事をした炎星なら、破壊されてもアドバンテージを失いにくい。
 《極炎舞−「星斗」》コストを貯めるためにも使いやすい。

 《炎星侯−ホウシン》とも相性が良く、シンクロ召喚に利用すれば炎舞サーチが行え、2体目をリクルートするので炎舞破壊から守り易くなる。

  • モデルは『水滸伝』の登場人物である、「天捷星」の生まれ変わりの「張清」だろう。
    石礫を投げれば百発百中の達人であり、その腕前から「没羽箭」(羽のない矢の意味)の異名を取る。
    イラストに烏の形状の炎が見られる事から、カード名は英語で大型のカラスを意味する「レイヴン」と掛け合わせたものと思われる。
  • 『水滸伝』の舞台は中国だが、このモンスターは西洋人のような顔立ちをしている。
  • 原作・アニメにおいて―
    Dチーム・ゼアルの「等々力vsチーム・ファイヤー・スターズ」戦において、チーム・ファイヤー・スターズのメンバーの1人が使用。
    そのデュエルフィニッシャーになった。

関連カード

―《捷炎星−セイヴン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中にこのカードフィールド上から墓地へ送られた場合でも、セットする効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/11/19)


Tag: 《捷炎星−セイヴン》 効果モンスター モンスター 星3 炎属性 獣戦士族 攻200 守1800 炎星

広告