畳返(たたみがえ)し/Pulling the Rug》

カウンター罠
召喚成功時に発動する効果モンスターの効果の発動を無効にし破壊する。

 STRIKE OF NEOSで登場したカウンター罠
 召喚に成功した時に発動する誘発効果無効にして破壊する効果を持つ。

 手札コストがなくなった代わりに、召喚に成功した時の効果に限定された《天罰》のようなカード
 対象はピンポイントだが1:1交換であり、アドバンス召喚されたモンスターに使えばアドバンテージを得る事もできる。
 このカード対象となるモンスターにはガジェット《E・HERO エアーマン》《召喚僧サモンプリースト》《ジャンク・シンクロン》《デブリ・ドラゴン》等、汎用性の高いモンスターは多い。

 しかし、メタカードとしての範囲が非常に狭く、刺さらないデッキだと腐るリスクは看過し難い。
 対象の多くが下級モンスターなので、破壊はできないが対象発動タイミングの広い《エフェクト・ヴェーラー》《デモンズ・チェーン》などの方が融通が利く。
 カウンター罠である点に拘るとしても、《神の通告》《神の宣告》《神の警告》などの方が使いやすいだろう。

  • 上記のページに列挙されているものでも、以下の効果チェーン封じがあるので対応しない。
  • 「畳返し」とは、敷いてある畳を刀や叩いた反動で持ち上げ、衝立のようにして身を守るなどに利用する戦術。
    時代劇などで武士や忍者が行っているのが見られるが、創作物のものはかなりオーバーに表現しているものも非常に多い。
    英語名では「Rug」(じゅうたん)に変更されてしまっている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《聖刻龍−トフェニドラゴン》リリースして《エレキテルドラゴン》アドバンス召喚し、その召喚成功時に《聖刻龍−トフェニドラゴン》リリースされた時の効果発動しました。
  この《聖刻龍−トフェニドラゴン》効果に対して《エンペラー・オーダー》《畳返し》をチェーン発動できますか?
A:結果として《聖刻龍−トフェニドラゴン》召喚成功時に発動していますが、《切り込み隊長》の様に、発動タイミングが召喚成功時でのみ発動できる誘発効果ではないため、《エンペラー・オーダー》や《畳返し》を発動する事はできません。(14/06/20)


Tag: 《畳返し》 カウンター罠

広告