(もり)聖獣(せいじゅう) ヴァレリフォーン/Valerifawn, Mystical Beast of the Forest》

チューナー・効果モンスター
星2/地属性/獣族/攻 400/守 900
「森の聖獣 ヴァレリフォーン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨て、「森の聖獣 ヴァレリフォーン」以外の
自分の墓地のレベル2以下の獣族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した地属性獣族下級モンスターチューナー
 同名カード以外のレベル2以下の獣族蘇生する起動効果を持つ。

 レベルモンスター蘇生させてエクシーズ召喚に利用できる他、自身がチューナーなので蘇生したモンスターと共にレベル3、4のシンクロ召喚にも繋げられる。
 縛りのある《No.64 古狸三太夫》を出す場合にも使いやすい。
 また、蘇生時の表示形式裏側守備表示を選択することもできるため、《ライトロード・ハンター ライコウ》《子狸たんたん》などのリバースモンスター蘇生させ、効果を使うこともできる。

 《子狸ぽんぽこ》《子狸たんたん》からリクルートでき、このカード効果でそれらを蘇生できるため、ローレベル【獣族】でも採用しやすい。
 また、《森の聖獣 ユニフォリア》蘇生させれば間接的に上級モンスター蘇生も可能になる。

 手札コスト《魔轟神獣キャシー》蘇生先を《森の聖獣 カラントーサ》《ゼンマイニャンコ》にすることで2枚分の除去を行いつつ展開することも可能である。
 同じく魔轟神獣《魔轟神獣ケルベラル》《魔轟神獣ガナシア》自己再生効果を持つため、同様に手札コストの損失を補える。
 自身と蘇生したモンスターで2体の獣族が並ぶため、《チェーンドッグ》蘇生条件を即座に満たす事もできる。

 手札コストには制限が無いため、獣族以外のモンスター魔法・罠カードも捨てられる。
 【おジャマ】では手札《おジャマジック》コストにすればフィールドのみならず手札の増強まで兼ねられる。

  • イラストでは、背中に植物を生やした子鹿のようなモンスターである。
    名前の由来はオミナエシ科の多年草である「鹿の子草(Valerian)」と「子鹿(fawn)」を合わせたものと思われる。
    また植物という点から、耳と足が鹿に似ているとされるギリシャ神話の豊穣の精霊「フォーン(Faun)」を掛けているとも考えられる。

関連カード

―《森の聖獣 ヴァレリフォーン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《森の聖獣 ヴァレリフォーン》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星2 地属性 獣族 攻400 守900

広告