神聖魔導王(しんせいまどうおう) エンディミオン/Endymion, The Master Magician》

効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2700/守1700
このカードは自分フィールド上に存在する
「魔法都市エンディミオン」に乗っている魔力カウンターを6つ取り除き、
自分の手札または墓地から特殊召喚する事ができる。
この方法で特殊召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する魔法カード1枚を手札に加える。
1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てる事で、
フィールド上に存在するカード1枚を破壊する。

 ストラクチャーデッキ−ロード・オブ・マジシャン−で登場した闇属性魔法使い族最上級モンスター
 手札墓地から自身を特殊召喚する召喚ルール効果と、魔法カードサルベージする誘発効果フィールド上のカード破壊する起動効果を持つ。

 魔力カウンター6つというのは結構大変に思えるが、《魔法都市エンディミオン》魔力カウンターが乗るスピードはかなり速い。
 特化せずとも自身の効果での特殊召喚は容易であり、場合によっては複数回特殊召喚できる場面もあるだろう。
 特殊召喚に成功すれば、魔法カードサルベージによって《混沌の黒魔術師》以上にアドバンテージを得る事も可能である。
 だが、この方法で特殊召喚するとフィールド上の魔力カウンターが一気に減少するため、《魔導騎士 ディフェンダー》《アーカナイト・マジシャン》効果は使いにくくなってしまう。
 また、《奈落の落とし穴》に引っかかったり《神の宣告》等で特殊召喚無効にされると、魔力カウンターの消費も含めて大きな痛手となる。
 このため、この効果での特殊召喚を使うタイミングは良く考えたい。

 自身を特殊召喚する効果を持ちながら、召喚制限がないのは大きな利点。
 《終末の騎士》等で墓地へ送って蘇生に繋げたり、《封印の黄金櫃》等で除外して《闇次元の解放》帰還させるといった運用ができる。
 前者の場合は《魔法都市エンディミオン》魔力カウンターが乗る《おろかな埋葬》は特に相性が良い。
 闇属性なので《終焉の焔》を用いてのアドバンス召喚や、魔法使い族サポートカードである《ディメンション・マジック》での特殊召喚が可能で、手札からも展開しやすい。
 この様にフィールドへ出す手段には事欠かないため、デッキスタイルによって柔軟に対応したい。

 破壊効果の方は、《賢者ケイローン》の様な感覚で魔法カードを万能除去へと変換できる。
 【魔力カウンター】ならば《魔法都市エンディミオン》サーチするための《テラ・フォーミング》や、魔力カウンター補給用の《トゥーンのもくじ》《魔力掌握》等を弾丸にするのも良い。
 繰り返し使える《マジックブラスト》を使う手もあるが、ドロースキップという枷がある以上気軽に使えるとは言いがたいか。
 サルベージした魔法カードをすぐに捨てるという手段もあるが、サルベージ効果発動するための手間を考えると本末転倒である。

  • マスターガイド4によると、彼こそが《魔法都市エンディミオン》の王である。
    • 《魔導書院ラメイソン》が自由な気風であるのに対し、彼は「魔法の知識は、管理され、その上で有効活用されるべき」という信念を持ち、ラメイソンの勢力拡大に対する懸念と魔法の管理を理由に《魔導書院ラメイソン》へと侵攻した。
      ちなみに、《魔導書院ラメイソン》側は端末を持つ限られた者のみが行使可能な魔法を採用しているのに対し、こちらは魔力を結晶化した石を利用する術式を採用しており、魔力を持たぬ者もその魔法の恩恵に受けられるとしている。
      ここでいう「魔力を結晶化した石」が魔力カウンターと思われる。
  • 「エンディミオン(Endymion)」とはギリシャ神話に登場する人物で、主神ゼウスの息子、あるいは孫とされる。
    いずれの場合も、神と人間のハーフと言う事になる。
    テッサリアからアイオリス人を率いてエーリスに進出し、エーリス王となった。
    なお、彼が支配したエーリスがオリンピック発祥の地である。
    王位継承者を決める際に、競技によって争わせたのが始まりであるとも言われている。
  • なお、上の物語とは別にこんな話もある。
    ある時彼は月の女神セレネと恋に落ちるが、神である彼女と違って老いて行くエンディミオンに嘆いたセレネは、最高神ゼウスに頼んで(一部では彼女自身が行って)彼を永遠の眠りにつかせた。
    それ以降毎夜セレネは地上に降り、眠るエンディミオンのそばに寄り添っているという。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-V1話の看板に描かれている。

関連カード

手札魔法カード捨てる事で効果発動するモンスター《賢者ケイローン》を参照。

―《神聖魔導王 エンディミオン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自己特殊召喚は、チェーンブロックを作りますか?取り除く行為はコストですか?
A:チェーンブロックは作りません。取り除くのはコストです。(08/12/13)

Q:捨てるのはコストですか?
A:コストです。(08/12/13)

Q:墓地魔法カード、及びフィールド上のカードをそれぞれ対象にとりますか?
A:対象にとります。(08/12/13)

Q:「墓地魔法カード手札加える効果」と「フィールド上のカード破壊する効果」それぞれに対して《王宮の弾圧》無効にすることはできますか?
A:できません。(09/04/15)

Q:《神聖魔導王 エンディミオン》が《冥界の魔王 ハ・デス》戦闘破壊された場合、自身の効果により蘇生できますか?
A:いいえ、できません。(11/01/26)

Q:《エンド・オブ・アヌビス》フィールド上に表側表示で存在する時、《神聖魔導王 エンディミオン》は魔力カウンターを6つ取り除いて墓地から特殊召喚できますか?
A:《神聖魔導王 エンディミオン》の墓地から特殊召喚する効果には、チェーンブロックは作られません。よって、《エンド・オブ・アヌビス》効果適用されている場合でも、《神聖魔導王 エンディミオン》を墓地から特殊召喚する事ができます。(11/01/30)


Tag: 《神聖魔導王 エンディミオン》 モンスター 効果モンスター 星7 闇属性 魔法使い族 攻2700 守1700

広告