身剣一体(しんけんいったい)/At One With the Sword》

通常罠
自分フィールド上のモンスターが、
「X−セイバー」と名のついたモンスター1体のみの場合に発動できる。
発動後このカードは攻撃力800ポイントアップの装備カードとなり、
そのモンスター1体に装備する。
装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
デッキからカードを1枚ドローする。 

 ANCIENT PROPHECYで登場した通常罠
 X−セイバー装備カードとなり、攻撃力アップと戦闘破壊時のドロー効果を発揮する。

 罠カードなので、相手モンスター攻撃に対して使用し迎撃できれば、その効果によりボード・アドバンテージハンド・アドバンテージの両方を稼ぐことができる。
 攻撃力の上昇値も高く、戦闘破壊したモンスター墓地へ送る必要も無いので、トークン等に対しても有効である。
 ただし発動条件は「自分フィールド上にX−セイバーが1体のみ」と極めて限定されているため、モンスターを展開してしまうと発動が難しくなる。
 それでも【X−セイバー】では優先度が高くないのを利用し、奇襲の如くこのカード発動できれば伏せカードに多くの警戒をさせる事ができる。
 相手ターンコンバットトリックで使う手もあるが、どちらかと言えばモンスターの数を調整しやすい自分ターンで使う方が良いか。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの11話のタイトルが「身剣一体!!シンクロ使い『刀堂刃』」となっている。
    この回に登場した刀堂刃は【X−セイバー】の使い手であったが、このカード自身が登場することはなかった。

関連カード

装備カードになる罠カードこちらを参照。

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ発動できますか?
A:はい、発動できます。(10/06/10)

Q:ドローする効果はチェーンブロックが作られますか?
A:はい、作られます。(09/05/28)

Q:カードの発動の時点では対象を取りますか?
A:発動時に対象を取る効果です。(09/06/14)

Q:装備モンスター相打ちとなった場合、ドローすることはできますか?
A:いいえ、できません。(10/06/11)


Tag: 《身剣一体》 通常罠

広告