進化(しんか)への()(はし)/Evolutionary Bridge》

通常罠
自分フィールド上に存在するモンスターが
攻撃対象に選択された時に発動する事ができる。
自分の墓地に存在する「エヴォルド」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚し、
そのモンスターに攻撃対象を移し替えてダメージ計算を行う。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した通常罠
 エヴォルド蘇生し、それに攻撃対象を移し替える。

 攻撃対象となったモンスターを守りつつ、エヴォルド蘇生を行える。
 しかし、低ステータスエヴォルド蘇生してもすぐに戦闘破壊されてしまうだろう。
 できれば《エヴォルド・ゲフィロス》蘇生して次のエヴォルダーへと繋げたい。
 比較的守備力の高い《エヴォルド・ウェストロ》蘇生候補となる。

 残念ながら、直接攻撃には対応していない。
 また、特殊召喚を含むため、《神の警告》等で無効にされる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果モンスター特殊召喚した時や、攻撃対象を移し替えた時に、クイックエフェクト等を発動できますか?
A:このカード発動した場合、効果処理としてダメージ計算まで行います。
  よって、モンスター蘇生した後に他のカード発動する事はできません。(11/07/30)

Q:《N・グラン・モール》攻撃を行い、このカードの効果攻撃対象を移し替えた時、ダメージ計算を行う前に《N・グラン・モール》効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(11/07/30)

Q:このカードチェーン2以降で発動できますか?
A:はい、できます。(12/10/12)

Q:チェーン2以降で発動したこのカード《エヴォルド・ゲフィロス》特殊召喚し、《エヴォルド・ゲフィロス》戦闘破壊されました。
  《エヴォルド・ゲフィロス》効果タイミングを逃しますか?
A:発動タイミングを逃す扱いとなり発動できません。(14/10/20)

Q:《BF−蒼炎のシュラ》の攻撃時、チェーン2以降でこのカード発動し、《BF−蒼炎のシュラ》戦闘破壊を行いました。
  《BF−蒼炎のシュラ》効果タイミングを逃しますか?
A:発動タイミングを逃す扱いとなり発動できません。(15/10/12)

Q:このカード《ライトエンド・ドラゴン》効果チェーンして発動することができますか?
A:はい、発動できます。(13/10/10)


Tag: 《進化への懸け橋》 通常罠

広告