(ほし)(ねが)いを/Star Light, Star Bright》

通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターと同じ攻撃力または同じ守備力を持つ
自分フィールド上のモンスターのレベルは、
エンドフェイズ時まで選択したモンスターと同じになる。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 ORDER OF CHAOSで登場した通常魔法
 攻撃力または守備力が共通する自分モンスター全てのレベルを揃える効果を持つ。

 一般的なデッキにおいて、レベルよりも攻撃力守備力は分散するものであり、攻撃力守備力は同じだがレベルが異なるといったケースはあまり多くない。
 レベルを同じにするにしても、構築段階でレベルを揃えた方が早い。
 採用するのであればやはりレベル5以上とのレベル合わせを狙い、複数のモンスターレベルを統一できることを活かし、攻撃力守備力の一定の数字を軸にしてコンセプトを定めた構築を心がけたい。

 例として、守備力200で揃え易い炎属性ならば条件を満たしやすい。
 《フレムベル・ヘルドッグ》《真炎の爆発》で並べたモンスターを全て同レベルにできる。
 また、守備力0のモンスターが多い【インヴェルズ】で使うことも考えられる。
 1〜10までのレベル守備力0のインヴェルズが存在するため、ランク11、12を除くエクシーズ素材縛りのないエクシーズモンスターが全てエクシーズ召喚可能となる。

 発動さえ可能であればどのレベルに統一するかを任意で選べるため、その場での応用が可能。
 また、レベルを1〜8に変更する効果を持つ《ガガガマジシャン》は同じ数値を持つモンスターも多いので使いやすいか。
 《ゼロ・フォース》《アルケミー・サイクル》《アヌビスの呪い》を使えば攻撃力守備力を0に揃えることができる。
 《未来への思い》ならば攻撃力0でモンスター特殊召喚されるため、このカードレベルを揃えられる。

 ただしレベル7以上の場合、《ギャラクシー・クィーンズ・ライト》を使えば、ステータスの異なるモンスターでもレベルを統一させられる。
 こちらを優先する場合はレベル6以下にも変更できる点を活かしたい。

  • 「星に願いを」はディズニー映画「ピノキオ」のテーマソングの名前である。
    オルゴールや電話の保留音、仕掛け時計などに使われることも多い。
    • 英語名「Star Light, Star Bright」は、英国のマザー・グースの1つである。
      内容は一番星に願い事をするというもので、欧米では世代を超えて愛されている詩である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:モンスターが3体いたとして、モンスターAを選択、モンスターAとBは攻撃力が、モンスターAとCは守備力が同じという場合は、3体とも同じレベルになるのですか?
  それとも攻撃力守備力を選択するのですか?
A:3体とも同じレベルになります。(12/05/09)


Tag: 《星に願いを》 魔法 通常魔法

広告