星遺物(せいいぶつ)(みちび)(さき)

永続魔法
(1):「星遺物の導く先」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):フィールドのレベル5以上の表側表示モンスターが墓地へ送られる度に、
1体につき1つこのカードにカウンターを置く(最大7つまで)。
(3):カウンターが7つ置かれているこのカードを墓地へ送って発動できる。
EXデッキからサイバース族リンクモンスター1体を特殊召喚する。

 CHAOS IMPACTで登場した永続魔法
 同名カードの存在を制限する効果レベル5以上のモンスター墓地へ送られる度にカウンター置く効果カウンターが乗った自身を墓地へ送ることでサイバース族リンクモンスター特殊召喚する効果を持つ。

 カウンター置く条件は自分相手を問わないが、相手依存で7つ貯めるのはまず期待できないので自分から能動的に条件を満たす必要がある。
 1体につき1つと効率自体は良いが、レベル5以上のモンスターフィールドから7体墓地へ送るのは相応の消費がかかる。
 《D−HERO ディアボリックガイ》なら2体分を賄え、《星杯の神子イヴ》フィールドから墓地へ送ること前提なので、動きは多少複雑化してもこれらを組み合わせれば1ターンで達成することもあり得る。
 ジャックナイツ壊獣でもカウンターを載せやすい。

 しかし、そこまでしてもサイバース族リンクモンスター1体と見返りは小さく、初めからそのモンスター特殊召喚する動きをすればいいだけである。
 星遺物サポートカードに対応するが、他のカードを差し置いて単体では役に立たないこのカードを優先できるかと問われると難しい。

 永続魔法なのでジャックナイツシナジーがあり、《星痕の機界騎士》《双穹の騎士アストラム》など特殊召喚する候補となるリンクモンスターも存在するので【ジャックナイツ】に採用を検討できる。

  • 2019年9月に公式データベース行われた「デュエリストカードプロテクター」のデザインを決定する投票企画では「魔法・罠カード部門」で2位を獲得し、このカードの図柄のプロテクターの商品化が確定した。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《星遺物の導く先》 魔法 永続魔法 星遺物

広告