星杯竜(せいはいりゅう)イムドゥーク/Imduk the World Chalice Dragon》

リンク・効果モンスター
リンク1/風属性/ドラゴン族/攻 800
【リンクマーカー:上】
トークン以外の通常モンスター1体
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに
「星杯」モンスター1体を召喚できる。
(2):このカードがこのカードのリンク先の
相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターを破壊する。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

 CODE OF THE DUELISTで登場した風属性ドラゴン族リンクモンスター
 星杯モンスター召喚権を1度だけ増やす永続効果リンク先相手モンスター戦闘を行う場合にそのモンスター破壊する誘発効果フィールドから墓地へ送られた場合に手札から星杯モンスター特殊召喚する誘発効果を持つ。

 同じリンク数で通常モンスターを素材に指定する《リンク・スパイダー》に比べ、トークンが使用できない分だけリンク召喚の難易度が若干高い。
 また、リンクマーカー自分フィールドに向いていないため、リンク先を増やすこともできない。
 (1)の効果モンスターを展開し、星杯縛りのあるリンクモンスターリンク素材として使うことになる。

 (1)は星杯モンスター召喚権を1度だけ増やす効果
 召喚に成功した時にサーチ効果発動する《星杯の妖精リース》との相性は特によく、(3)の効果による特殊召喚の布石にもなる。
 通常召喚した後にフィールド離れた場合の効果を持つ《星遺物−『星杯』》とも相性が良く、このカードリリースすれば後述の(3)の効果トリガーにもなる。

 (2)はリンク先相手モンスター戦闘を行う場合に、ダメージステップ開始時にそのモンスター破壊する効果
 このカードエクストラモンスターゾーンに存在しその正面のメインモンスターゾーン相手モンスターを狙うか、相手モンスターが存在するエクストラモンスターゾーンの正面に出す必要がある。
 後者の場合はエクストラモンスターゾーン正面がリンク先になっていなければ出せない。
 該当のメインモンスターゾーン除去したいモンスターが存在する場合にのみ攻撃して活かし、それ以外の場合は無理に発動を狙わずに、すぐリンク素材にしてしまうべきだろう。

 (3)は星杯リンクモンスター共通の効果
 主な使用法は《星杯剣士アウラム》を参照。

 フィールド通常モンスターを用意してこのモンスターリンク召喚し、(1)の効果モンスター召喚
 召喚した星杯モンスターとこのモンスターリンク素材としてリンク2の星杯リンクモンスターリンク召喚し、(3)の効果に繋げるのが星杯デッキの起点の流れとなる。

  • 名前の由来は「アンズー」のシュメル語読みである「イムドゥクド」だと思われる。
    「アンズー」とはメソポタミア地方に古くから伝えられる怪物で、様々な伝承・神話に登場する。
    古くは神の随獣・聖獣とされ、シュメール神話の神の一柱であるエンリルや、エンリルの息子であるニンギルスの象徴として扱われていた。
    しかし時代が下るにつれ、神に仇なす邪悪な怪物として扱われるようになり、ニヌルタ(ニンギルス)に退治されるアンズー神話が残される事となる。
    • 当初ライオンの頭をした鷲の姿とされていたアンズーだったが、邪悪な怪物と扱われるようになってからは鉤爪と鳥の翼を持ったライオンの姿として描かれるようになった。
    • アンズーは元来大気の化身たる聖獣とされており、このカード風属性なのはそれにちなんだ可能性がある。

関連カード

―《星杯竜イムドゥーク》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《星杯竜イムドゥーク》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク1 風属性 ドラゴン族 攻800 星杯

広告