(せい)なる(よろい) −ミラーメール−/Mirror Mail》

通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターが
攻撃対象に選択された時に発動する事ができる。
攻撃対象モンスターの攻撃力は、
攻撃モンスターの攻撃力と同じになる。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した通常罠
 攻撃対象となったモンスター攻撃力攻撃モンスターと同じにする効果を持つ。

 発動条件で見ればフリーチェーンである《極星宝ブリージンガ・メン》の方が使い易い。
 あちらとの違いは、コピーするのが元々の攻撃力ではなく現在の攻撃力である点、効果エンドフェイズ以降も継続する点である。
 《極星宝ブリージンガ・メン》では対応できなかった《ものマネ幻想師》フォーチュンレディなどもコピーできる。
 そして最大の特徴は、戦闘破壊耐性をもつモンスターであれば、一方的に相手戦闘破壊した上で、次のターン以降にも上昇した攻撃力を利用できる点である。

 ただ、通常のデッキでは、戦闘破壊耐性を持つ低攻撃力モンスター攻撃表示で立たせておくだけで、警戒されてしまう。
 その条件を満たし、かつ守備表示にできないモンスターが多数存在する【雲魔物】ならば、警戒され難く相性が良いだろう。
 ただしその場合、《天空の聖域》がある場合は攻撃して貰えない。
 対象をとらないので、ハンデス効果を使うため攻撃表示にした《魂を削る死霊》《ナイトメアを駆る死霊》に使うのもいい。
 特に《ナイトメアを駆る死霊》直接攻撃ができるため、このカードで大幅に攻撃力を上げられれば大きな脅威になるだろう。
 他には、モンスター効果の発動のため召喚した《アルカナフォース0−THE FOOL》との併用が考えられる。
 仮に「表」の効果適用されていても対象をとらない効果であるため問題なく使用することが出来る。

  • このカードにおける「メール」とは、Eメールに代表される「手紙」のことではなく、「鎧」を指す。
    なお「鎧」という意味で「Mail」を用いる場合、そのカナ表記は「メール」ではなく「メイル」とすることが一般的である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:攻撃モンスター対象にとりますか
A:いいえ、対象にとりません。(11/07/16)
  なお、自分モンスター対象にとる効果でもありません。(11/09/05)

Q:効果解決時攻撃モンスターフィールド上に表側表示で存在しなくなった場合、攻撃モンスター攻撃力と同じになる効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(11/07/18)

Q:自分の《強制終了》チェーンしてこのカード発動した場合、攻撃対象モンスター攻撃力は幾つになりますか?
A:攻撃してきた相手モンスターと同じになります。(13/04/01)

Q:攻撃力3000の《青眼の白龍》に、効果を1回使った《ダークエンド・ドラゴン》攻撃されました。
  このカードを使うと、《ダークエンド・ドラゴン》攻撃力は幾つになりますか?
A:3000になります。(13/02/03)

Q:表側守備表示モンスター攻撃された時も発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/05/23)

Q:《デーモンの斧》を装備した《マッシブ・ウォリアー》(攻撃力600+1000=1600)が、攻撃力3000のモンスター攻撃された時にこのカード発動しました。
  このカードの効果適用された後、《サイクロン》などにより《デーモンの斧》フィールド上を離れた場合、攻撃力はどうなりますか?
A:3000のまま変化しません。(12/09/22)

Q:上記の質問で、装備カード《進化する人類》であった場合は攻撃力は変化しますか?
A:いいえ、《進化する人類》破壊された場合であっても攻撃力はこのカードの効果によって変化した数値である3000のままになります。(13/06/29)

Q:《破天荒な風》効果適用されている《マッシブ・ウォリアー》(攻撃力600+1000=1600)が、攻撃力3000のモンスター攻撃された時このカード発動しました。
  この後、次の自分のスタンバイフェイズ時に《破天荒な風》効果が切れた《マッシブ・ウォリアー》攻撃力は変化しますか?
A:フィールド上表側表示で存在する限り3000ポイントのままとなります。(12/09/26)

Q:《デーモンの召喚》攻撃された時にこのカード発動し、さらにチェーンして《地縛霊の誘い》発動攻撃対象《デーモン・ソルジャー》としました。
  数値が変動するのはどちらになりますか?
A:最初に攻撃された方、つまり《デーモンの召喚》のみが数値変動します。(13/05/15)


Tag: 《聖なる鎧 −ミラーメール−》 通常罠

広告