(せい)なる(よろい) −ミラーメール−/Mirror Mail》

通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターが
攻撃対象に選択された時に発動する事ができる。
攻撃対象モンスターの攻撃力は、
攻撃モンスターの攻撃力と同じになる。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した通常罠
 攻撃対象となったモンスター攻撃力攻撃モンスターと同じにする効果を持つ。

 発動条件で見れば、自分攻撃時にも使える《Ai打ち》の方がよい。
 あちらとの違いは戦闘破壊されてもダメージが発生しない事、強化エンドフェイズ以降も継続する点である。
 特に戦闘破壊耐性をもつモンスターと併用した場合、次のターン以降にもアタッカーにできる。

 しかし、攻撃宣言トリガーとする罠カードは警戒されやすく、戦闘破壊耐性を持つ低攻撃力モンスターであっても《アームズ・コール》《月鏡の盾》を装備するなど、攻撃力を補う方法はいくらでもある。
 攻撃力を参照するなら、フリーチェーン《極星宝ブリージンガ・メン》などもある。

  • このカードにおける「メール」とは、Eメールに代表される「手紙」のことではなく、「鎧」を指す。
    なお「鎧」という意味で「Mail」を用いる場合、そのカナ表記は「メール」ではなく「メイル」とすることが一般的である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:攻撃モンスター対象にとりますか
A:いいえ、対象にとりません。(11/07/16)
  なお、自分モンスター対象にとる効果でもありません。(11/09/05)

Q:効果処理時攻撃モンスターフィールド上に表側表示で存在しなくなった場合、攻撃モンスター攻撃力と同じになる効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(11/07/18)

Q:自分の《強制終了》チェーンしてこのカード発動した場合、攻撃対象モンスター攻撃力は幾つになりますか?
A:攻撃してきた相手モンスターと同じになります。(13/04/01)

Q:攻撃力3000の《青眼の白龍》に、効果を1回使った《ダークエンド・ドラゴン》攻撃されました。
  このカードを使うと、《ダークエンド・ドラゴン》攻撃力は幾つになりますか?
A:3000になります。(13/02/03)

Q:表側守備表示モンスター攻撃された時も発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/05/23)

Q:《デーモンの斧》を装備した《マッシブ・ウォリアー》(攻撃力600+1000=1600)が、攻撃力3000のモンスター攻撃された時にこのカード発動しました。
  このカードの効果適用された後、《サイクロン》などにより《デーモンの斧》フィールド上を離れた場合、攻撃力はどうなりますか?
A:3000のまま変化しません。(12/09/22)

Q:上記の質問で、装備カード《進化する人類》であった場合は攻撃力は変化しますか?
A:いいえ、《進化する人類》破壊された場合であっても攻撃力はこのカードの効果によって変化した数値である3000のままになります。(13/06/29)

Q:《破天荒な風》効果適用されている《マッシブ・ウォリアー》(攻撃力600+1000=1600)が、攻撃力3000のモンスター攻撃された時このカード発動しました。
  この後、次の自分のスタンバイフェイズ時に《破天荒な風》効果が切れた《マッシブ・ウォリアー》攻撃力は変化しますか?
A:フィールド上表側表示で存在する限り3000ポイントのままとなります。(12/09/26)

Q:《デーモンの召喚》攻撃された時にこのカード発動し、さらにチェーンして《地縛霊の誘い》発動攻撃対象《デーモン・ソルジャー》としました。
  数値が変動するのはどちらになりますか?
A:最初に攻撃された方、つまり《デーモンの召喚》のみが数値変動します。(13/05/15)


Tag: 《聖なる鎧 −ミラーメール−》 通常罠

広告