(せい)なる(かがや)き/Light of Intervention》

永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、
モンスターをセットする事はできない。
また、モンスターをセットする場合は表側守備表示にしなければならない。

 Curse of Anubis −アヌビスの呪い−で登場した永続罠
 モンスター裏側守備表示でのセットを封じる効果を持つ。

 テキストだけではやや分かりづらいが、以下の効果お互いに適用される。

  1. モンスター通常召喚する際、セットすることができず、代わりに表側守備表示召喚することができる。
  2. 効果によってモンスター裏側守備表示特殊召喚する際、表側守備表示での特殊召喚に置き換わる。
  3. 効果によってフィールド上のモンスター裏側守備表示に変更することができない(効果の発動自体が不可能となる)。

 これにより、裏側守備表示にする効果リバースした時・反転召喚に成功した時に発動する効果を封じることができる。
 また、表側守備表示召喚できるようになるため、ディフォーマー表側守備表示効果召喚ターンに使用するといった使い方もできる。

 しかし、環境の高速化に伴い、裏側守備表示モンスターを出すよりも表側表示特殊召喚する場面の方が圧倒的に多くなった。
 そのため、相手裏側守備表示への対策や、相手裏側守備表示メタを腐らせるといった運用はまず期待できない。
 自分表側守備表示召喚するならば使い所はあるが、ペンデュラム召喚によって表側守備表示特殊召喚する手もある。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《砂バク》《月の書》等の「裏側守備表示にする」効果セットに含まれますか?
A:はい、《聖なる輝き》の影響下ではそれらの効果発動することができません。
  《砂バク》リバースは可能ですが、効果無効になります。

Q:このカードが存在する時に《砂バク》リバース効果発動し、その《砂バク》に対して《禁じられた聖槍》発動した場合、《砂バク》効果モンスターセットする事ができますか?
A:いいえ、その場合でも対象に選択したモンスターセットする事はできません。(12/07/18)

Q:すでに裏側守備表示セットしてあるモンスター表側表示になりますか?
A:いいえ、発動時点ですでにセットされているモンスター表側表示にする効果はありません。


Tag: 《聖なる輝き》 永続罠

広告