聖騎士(せいきし)トリスタン/Noble Knight Drystan》

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1800/守 800
「聖騎士トリスタン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにこのカード以外の「聖騎士」モンスターが存在する限り、
相手はこのカード以外の自分フィールドの攻撃力1800未満のモンスターを
攻撃対象にできず、効果の対象にもできない。
(2):このカードが「聖剣」装備魔法カードを装備した場合、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動する。
その表側表示のカードを破壊する。

 EXTRA PACK −KNIGHTS OF ORDER−で登場した光属性戦士族下級モンスター
 自身以外の聖騎士が存在する場合に攻撃力1800未満のモンスター攻撃効果対象にさせない永続効果聖剣を装備した時にフィールド表側表示カード1枚を破壊する誘発効果を持つ。

 (1)の効果は、他の聖騎士フィールドに存在する場合に相手攻撃対象をとる効果から守る効果
 耐性自体は強力だが、攻撃力の関係上自身は対応しておらず、弱体化しない限り同名カードを並べてもロックはできない。
 そもそも、【聖騎士】ではこの効果で守る価値のあるカードが少ないため、無理に狙わなくても良い。

 (2)の効果は、自身が聖剣を装備した時に表側表示カード破壊する効果
 聖騎士では貴重な除去効果であり、《聖剣アロンダイト》を装備すれば表側表示裏側表示カードを1枚ずつ破壊できる。
 《聖騎士モルドレッド》リクルートすれば、《聖騎士モルドレッド》破壊した聖剣をこのカードに付け直すことで即座に発動できる。
 聖剣の名を持つため、《聖剣を抱く王妃ギネヴィア》でも発動条件を満たせる。

 なお、基本的なルールとして装備魔法効果発動時にはまだ装備されておらず、その段階で《サイクロン》等で破壊されるとこのカード効果発動しない。
 ただし、聖剣の共通効果で改めて装備させれば、その際に発動できる。
 また、このカード効果の発動チェーンして聖剣破壊された場合、効果不発にならず適用される。

  • モデルは、アーサー王伝説に登場する円卓の騎士の一人である「トリスタン(Tristan)」か。
    武勇ではランスロットと並ぶと言われ、あちらとの仲も良かった。
    アイルランドの王女イゾルデとの悲恋を描いた中世の恋愛物語『トリスタンとイゾルデ』は有名である。
    原作によって彼の最期は異なるが、マロリー版ではイゾルデに竪琴を弾いている際に、トリスタンとイゾルデの仲を妬んだ叔父のマルク王によって背後から刺殺された。
    なお、元々アーサー王伝説とは別の物語の人物であったが、時代を経て統合されていった。
    そのため、原作では整合性の取れない箇所が散見される。
  • イラストに描かれているように、トリスタンは竪琴を愛していた。
    それゆえ、竪琴のような弓であるフェイルノートを作って所持していた。
    「無駄なしの弓」を意味し、狙った場所に必ず命中するという。
  • イギリス皇室に代々伝わる「慈悲の剣」こと聖剣カーテナは、トリスタンが所持していた剣だとされる伝承がある。
  • 自身よりも攻撃力の低い味方を守る効果は「疲労していたラモラック卿と試合をする際、全力を出せない者との戦いは騎士道に反するとして対戦を拒否した」というエピソードがモチーフだと考えられる。
  • 英語名の「Drystan」という綴りは、ウェールズ語での書き方である。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALII(セカンド)の「凌牙vs有賀千太郎」戦において、有賀が同じモデルである《悲恋の騎士トリスタン》を使用している。

関連カード

―《聖騎士トリスタン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《聖騎士トリスタン》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 戦士族 攻1800 守800 聖騎士

広告