聖刻龍(せいこくりゅう)−ウシルドラゴン/Hieratic Dragon of Asar》

効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2600/守 700
このカードは自分の墓地のドラゴン族・光属性モンスターと
ドラゴン族の通常モンスターを1体ずつゲームから除外し、
手札から特殊召喚できる。
フィールド上のこのカードが破壊される場合、
代わりにこのカード以外の自分フィールド上に表側表示で存在する
「聖刻」と名のついたモンスター1体をリリースできる。

 GALACTIC OVERLORDで登場した光属性ドラゴン族最上級モンスター
 墓地光属性ドラゴン族モンスタードラゴン族通常モンスターを1体ずつ除外して特殊召喚できる召喚ルール効果、自身が破壊される場合に自分フィールド上の他の聖刻身代わりとしてリリースできる永続効果を持つ。

 耐性効果には、聖刻モンスターリリースが必要となる。
 自身を含めた聖刻特殊召喚を利用すれば並べる事自体は容易だが、並べる段階での除去全体除去にもまったくの無力である。
 聖刻効果モンスターを展開しても除去される可能性も高く、自身が破壊を免れた場合の活用も難しい。
 戦闘破壊にも対応しているが、先にもう一方が戦闘破壊されればそれまでである。

 特殊召喚には様々なモンスターを使えるため、耐性は無視して手軽に特殊召喚できる最上級モンスターとして見るべきであろう。
 《竜の霊廟》1枚で展開できるので、これを利用するデッキであれば共存は難しくない。
 このカード自身が《エクリプス・ワイバーン》除外手段になるので、《竜の霊廟》から《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》サーチを行いやすい。
 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》を先に手札に加えてしまった場合でも、《エクリプス・ワイバーン》腐らせずにすむ。

 《召集の聖刻印》側は《聖刻龍−トフェニドラゴン》を利用でき、こちらは《ライトパルサー・ドラゴン》《ラブラドライドラゴン》シナジーする。
 自身もこれらとの連携をとれるため、【カオスドラゴン】では扱いやすい。

  • 「ウシル(Usir)/アサル(Asar)」とはエジプト九柱神エネアドの一柱であり、ギリシャ語では「オシリス(Osiris)」と表記される。

関連カード

―《聖刻龍−ウシルドラゴン》の姿が見られるカード

特殊召喚効果の2種のコストのどちらにも利用できる「光属性ドラゴン族通常モンスター

効果通常モンスター扱いになるモンスター

収録パック等

FAQ

Q:「自身が破壊される代わりに他の聖刻リリースできる効果」の種別はですか?
A:永続効果です。(12/02/18)

Q:ダメージステップ時に破壊される場合、永続効果適用できますか?
A:はい、できます。(12/02/18)

Q:自分フィールド上にこのカード《聖刻龍−トフェニドラゴン》が存在しています。
  《ブラック・ローズ・ドラゴン》効果でこれらが同時に破壊される場合、《聖刻龍−トフェニドラゴン》を身代わりにリリースできますか?
A:その場合、身代わりに《聖刻龍−トフェニドラゴン》リリースする事はできません。(12/03/23)


Tag: 《聖刻龍−ウシルドラゴン》 効果モンスター モンスター 星7 光属性 ドラゴン族 攻2600 守700 聖刻

広告