青い(ブルー)忍者(にんじゃ)/Armed Ninja》

リバース・効果モンスター
星1/地属性/戦士族/攻 300/守 300
(1):このカードがリバースした場合、
フィールドの表側表示の魔法カード1枚またはフィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動する。
その魔法カードを破壊する(そのカードがフィールドにセットされている場合、めくって確認する)。 

 Vol.3で登場した地属性戦士族下級リバースモンスター
 リバースした場合にフィールド魔法カード破壊する誘発効果を持つ。

 レベル1の忍者という点が最大の特徴。
 《忍法 分身の術》忍者を大量展開してリンク召喚に繋げる場合、このカードのようなレベル1の忍者が必要となる。
 レベル1の忍者にはこのカード《赤い忍者》《黄昏の忍者−カゲン》の3体が存在し、モンスター効果守備力《黄昏の忍者−カゲン》が一番優れている。
 ただ、「レベル忍者《忍法 分身の術》レベル忍者4体」という動きのためには《黄昏の忍者−カゲン》3枚では足りないので、1枚以上の《青い忍者》か《赤い忍者》が必須。
 また、ペンデュラムモンスター《黄昏の忍者−カゲン》墓地に送られにくく《渋い忍者》との相性が悪いため、《渋い忍者》を軸とするならば《青い忍者》・《赤い忍者》を優先しても良い。
 《聖騎士の追想 イゾルデ》でのリクルートも行いやすい。

 モンスター効果リバースが必要な《魔法除去》であり、魔法・罠除去カードとしての単体性能は低い。
 ただし、忍者関連カードには、《忍法 分身の術》《渋い忍者》をはじめ裏側守備表示忍者特殊召喚するカードも多い。
 また、攻撃力2000以下の戦士族であるため、《魔装戦士 ドラゴノックス》蘇生する事もできる。
 表側表示魔法カードが存在する時に、こうしたサポートカードを使ってピンポイントで持ってくる事ができれば、十分活用しうる効果と言える。

  • アニメARC-Vの「ランサーズ候補7人vsオベリスク・フォース3人組」戦で、月影が使用した永続罠《結界忍法−朧滅却の術》に描かれている。
  • アニメVRAINS68話でAiが解いていたクロスワードパズルのカギの一つにこのカードに関連する問題があった。
    問題文は「属するモンスターの中では一番の古株「青い○○○○」」
  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズでは効果を持たないモンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「全身真っ青の忍者 大きなカマと足についているトゲで攻撃」と書かれている。
  • 水に関する記述はテキストやゲームでのモーションには無いが、なぜか水魔族に設定されている。
    カード名及びただ衣服が青いというだけの理由で、水と結び付けられたようである。

関連カード

―《青い忍者》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《青い忍者》 モンスター リバースモンスター 効果モンスター 星1 地属性 戦士族 攻300 守300 忍者

広告