(あお)()賢士(けんし)/Sage with Eyes of Blue》

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻   0/守1500
「青き眼の賢士」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「青き眼の賢士」以外の光属性・レベル1チューナー1体を手札に加える。
(2):このカードを手札から捨て、自分フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地へ送り、デッキから「ブルーアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した光属性魔法使い族下級モンスターチューナー
 召喚に成功した時に、自身を除く光属性レベルチューナーサーチする誘発効果手札の自身をコスト自分フィールド効果モンスター墓地へ送りブルーアイズリクルートする起動効果を持つ。

 (1)の効果は、自身が召喚に成功した時に、光属性レベルチューナーサーチする効果
 ブルーアイズサポートカードには青き眼《伝説の白石》等の光属性レベルチューナーが多い。
 【青眼の白龍】においては《青き眼の乙女》《青き眼の巫女》《伝説の白石》等をサーチし、ブルーアイズ特殊召喚に繋げることになる。
 ブルーアイズ関連カードに限らず、効果モンスターメタ《エフェクト・ヴェーラー》サーチできるので腐ることも少ない。

 召喚して効果を使うと攻撃力0の攻撃表示で残ってしまうので、自身をシンクロ素材リンク素材にする等の工夫が必要になる。
 《光の霊堂》とは相性が良く、このカードサーチしたモンスターをそのターンの内に追加で召喚できる。
 ランク1のエクシーズ召喚の他、《青き眼の乙女》ならば、《光の霊堂》の(2)の効果対象にすることで呼び出したブルーアイズとともにシンクロ素材とすることも可能である。

 (2)の効果は、自身を手札から捨てることで効果モンスター1体を代償にブルーアイズ1体をリクルートする効果
 カード2枚をブルーアイズ1体に変換するため、そのままでは1枚のディスアドバンテージとなる。
 《青き眼の乙女》《聖刻龍−ドラゴンヌート》とのコンボに繋げればディスアドバンテージなく展開が可能。
 効果モンスターであれば何でも良いので、コントロール奪取したモンスターを使うのも有効である。

 【霊使い】では《憑依解放》で呼べるレベルチューナーとして扱える。
 《稲荷火》等を特殊召喚すればレベル5のシンクロモンスターを、霊使い召喚すればコントロール奪取戦術を共有できる《古神ハストール》シンクロ召喚できる。
 (2)の効果霊使いで奪ったモンスターを処理しつつブルーアイズを呼び出す事ができる点も相性が良い。
 同様に、《ナチュル・フライトフライ》軸の【ナチュル】においても、奪ったモンスターの処理手段として有用である。

関連カード

イラスト関連

―《青き眼の賢士》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《青き眼の賢士》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星1 光属性 魔法使い族 攻0 守1500

広告