先史遺産(オーパーツ)−ピラミッド・アイ・タブレット/Chronomaly Pyramid Eye Tablet》

永続魔法
自分フィールド上の「先史遺産」と名のついた
モンスターの攻撃力は800ポイントアップする。

 RETURN OF THE DUELISTで登場した永続魔法
 先史遺産全体強化する。

 複数の種族で構成された先史遺産では《一族の結束》が使いにくいため、有用な全体強化カードとなる。
 先史遺産下級モンスター攻撃力が低いため、苦手な特殊召喚メタの要素を持つハイビートへの対抗手段にもなる。
 《一族の結束》とは異なり、こちらは先史遺産以外のモンスターが存在していても効果が途絶えることがない。
 デッキ構築や状況の制限・コストもない全体強化としては上昇値も高い。
 先史遺産には上級モンスタークラスの攻撃力エクシーズモンスターも存在し、これらの切札としての制圧力の底上げも期待できる。

 ただし《先史遺産モアイ》《ストーンヘンジ・メソッド》での特殊召喚表側守備表示で行われるので、守備力が上がらない点は噛み合わせが悪い。
 特殊召喚から速やかに先史遺産エクシーズ召喚につなげば、その点を解消しつつ有効に活用できる。
 また、《No.33 先史遺産−超兵器マシュ=マック》効果の兼ね合いから、先史遺産においては強化より相手モンスター弱体化の方が良い場面もある。

  • ピラミッド・アイ・タブレットとは南米で発見されたとされる、高さ約30センチほどのピラミッド型の石造工芸品のこと。
    眼の模様、オリオン座、古代サンスクリット文字などが刻まれているが、学術的な調査にも乏しく、詳細な製造の手段や目的は不明とされている。
    このピラミッドおよび関連する遺物には紫外線により発光する性質があり、眼が光る。
    • なお、このカードに描かれている石版は実物のピラミッド・アイ・タブレットとは全く異なる。
      こちらには千年アイテムの象徴にもなっているウジャト眼などが刻まれている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

広告