先史遺産(オーパーツ)ネブラ・ディスク/Chronomaly Nebra Disk》

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1800/守1500
このカードが召喚に成功した時、デッキから「先史遺産ネブラ・ディスク」以外の
「オーパーツ」と名のついたカード1枚を手札に加える事ができる。
また、このカードが墓地に存在し、自分フィールド上に存在するモンスターが
「先史遺産」と名のついたモンスターのみの場合に発動できる。
このカードを墓地から表側守備表示で特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分は「オーパーツ」と名のついたカードの効果しか発動できない。
「先史遺産ネブラ・ディスク」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した光属性機械族下級モンスター
 召喚に成功した時にオーパーツサーチできる誘発効果先史遺産が存在する場合に自己再生する起動効果を持つ。

 1つ目の効果は、オーパーツサーチする効果
 モンスターだけでなく、魔法カードサーチも可能であり、《先史遺産−ピラミッド・アイ・タブレット》アタッカーにするといった使い方もできる。
 《先史遺産クリスタル・スカル》の条件を満たせるため、モンスター限定だが墓地からのサルベージも実質的に行える。
 また、両者は共にサーチし合える関係になっているため、間接的に同名カードサーチして戦線を維持でき、デッキ圧縮墓地肥やしも可能。

 2つ目の効果は、自分フィールドモンスター先史遺産のみの場合、自己再生できる効果
 1ターンに1度の制限があり、1つ目の効果を使ったターンでは使えないが、条件さえ満たせればコストなしで毎ターン使うことも可能となる。
 しかし、この効果を使うと、そのターン中はオーパーツ以外の効果の発動を封じられるという大きなデメリットが発生する。
 魔法・罠カードも含まれる事から汎用カードも使えないため、こちらの動きはかなり制限されてしまう。

 自身の自己再生の条件もあるため、このカードを使うならエクストラデッキ先史遺産を優先した構築にするとよいだろう。
 先史遺産ではないが、効果を持たない《ジェムナイト・パール》や、相手ターン効果発動するのが基本となる《No.39 希望皇ホープ》等は痛手にならない。
 また除去効果が使えなくなってしまうものの、エクシーズ素材を取り除く効果発動しないため《始祖の守護者ティラス》耐性を1ターン延長することができる。

 単体のステータスも高くアドバンテージを得やすいため、【先史遺産】では優先して採用したい。

  • ネブラ・ディスクとは、ドイツのネブラ(Nebra)で発見された青銅製の円盤である。
    約3600年前に作られた世界最古の天文盤であるとされ、太陽暦と太陰暦を組み合わせたカレンダーと言われている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:既に自分が「オーパーツ」と名のついたカード以外のカードの効果発動したターンにこのカード特殊召喚する効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(13/11/27)

Q:自分が「オーパーツ」と名のついたカード以外の墓地魔法・罠カード効果の発動フィールド上に既に表側表示で存在する魔法・罠カード効果の発動を行ったターンにこのカード特殊召喚する効果発動できますか?
A:いいえ、その場合も発動できません。(13/11/27)

Q:このカード特殊召喚する効果発動したターンに「オーパーツ」と名のついた魔法・罠カード発動する事はできますか?
A:はい、発動できます。(14/03/03)


Tag: 《先史遺産ネブラ・ディスク》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 機械族 攻1800 守1500 先史遺産 オーパーツ

広告