戦華(せんか)()賈文(かぶん)

効果モンスター
星4/炎属性/獣戦士族/攻1100/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの永続魔法・永続罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送り、フィールドの表側表示モンスター2体を選び、
その攻撃力をターン終了時まで半分にする。
(2):相手フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
「戦華の詭−賈文」以外の自分の墓地の「戦華」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 ETERNITY CODEで登場した炎属性獣戦士族下級モンスター
 永続魔法永続罠1枚を墓地へ送りモンスター2体の攻撃力ターン終了時まで半分にする起動効果相手フィールドのカード戦闘効果破壊された場合に、墓地戦華カードサルベージする誘発効果を持つ。

 (1)は永続魔法永続罠カード1枚を墓地へ送りモンスター2体の攻撃力ターン終了時まで半減させる効果
 前半の永続魔法永続罠1枚を墓地へ送る効果に関しては《戦華の美−周公》参照。
 2体の攻撃力を半減させられるが、起動効果でありコンバットトリックなどに利用することはできない。
 戦華モンスター元々の攻撃力は、最大でも《戦華の孟−曹徳》の3000であり、それ以上の攻撃力を持つモンスター戦闘で処理する場合に利用したい。

 (2)は戦華カードサルベージする効果
 発動条件は「魏」陣営(炎属性)の戦華モンスター共通のため《戦華の孟−曹徳》を参照。
 このカードは単独で戦闘破壊などは狙えないため、《戦華の孟−曹徳》にあるような他のモンスター効果を利用したい。
 戦華は多くのコスト効果カード墓地へ送るため、それらを回収して再利用できる。
 サルベージ効果を持つ戦華には《戦華の妙−魯敬》もいるが、こちらはサルベージするカードの種類を問わないので柔軟な運用ができる。

  • モデルは三国志において曹操に使えた「賈ク(「ク」は環境依存文字。正しくは言偏に羽)」だろう。
    字は「文和」であり、このモンスターの名前はそれを複合させている。
    正史では「打つ手に失策が無い」と評価されるほど知謀に優れていたという。
    • 曹操に仕える前に仕えていた国主が曹操軍と対峙した際は計略を駆使し、曹操軍を追い込んだ過去を持つ。
      やがて曹操に降伏すると、曹操・曹丕の2代に渡って魏軍の参謀として働いた。
      特に西方の諸勢力が結託して曹操に対して反乱を起こした際、謀略を用いて敵軍を仲違いさせ撃退した離間の計の逸話が有名である。
      このカードの(1)の効果モンスター2体を対象にしてそれを弱体化させており、敵軍を仲違いさせる離間の計がモチーフになっていると考えられる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《戦華の詭−賈文》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 獣戦士族 攻1100 守1800 戦華

広告