遡洸(そこう)する煉獄(れんごく)/Void Purification》

永続罠
「遡洸する煉獄」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手スタンバイフェイズ毎に、
自分の墓地の「インフェルノイド」モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
(2):自分スタンバイフェイズ毎に、
除外されている自分の「インフェルノイド」モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。
そのモンスターを墓地に戻す。
(3):自分フィールドに「インフェルノイド」モンスター以外のモンスターが存在する場合に
このカードは墓地へ送られる。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した永続罠
 相手スタンバイフェイズインフェルノイドサルベージできる効果自分スタンバイフェイズ除外されたインフェルノイド墓地戻す事ができる効果インフェルノイド以外のモンスターが存在する場合に自壊する効果を持つ。

 罠カードの特性上、セットしてすぐに使用する場合は(1)の効果を最初に使用することになる。
 (1)の効果によりサルベージするカードは多くの場合、手札からしか特殊召喚できない下級インフェルノイド対象にすることになるだろう。
 これらは上級インフェルノイドと違い、戦闘を介さずに相手フィールドに干渉できる上、再利用の方法が乏しかったため、(2)の効果と合わせて展開を補助できる。
 また、上級インフェルノイド手札に戻した場合でも墓地からも特殊召喚可能な性質上、手札コストとしつつ、他のカード相手フィールドを空け、一気に攻め込む足掛かりとすることも考えられる。

 しかし、(3)の効果によりインフェルノイド以外のモンスターが存在するときは墓地へ送られる
 必然的に墓地を肥やせモンスターとの併用が難しくなる他、相手送りつけでもフィールドから消えてしまう。
 相手スタンバイフェイズに使った時点で1枚はサルベージできるので使いきりと考えて自壊させてしまうのも手。

  • 「遡洸」は、「遡行(流れに逆らい上流へ移動する行為)」+「洸(湧きだした水が広がる様子を意味する漢字)」か。
    事実、除外墓地手札と、一般的なカードの移動を逆にしている効果である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果の発動チェーンして《サイクロン》発動し、自身が破壊された場合、処理は適用されますか?
  また、(2)の効果の発動チェーンして《サイクロン》発動し、自身が破壊された場合、処理は適用されますか?
A:どちらの状況の場合でも、効果処理は適用されません。 (15/02/13)

Q:自分モンスターゾーンインフェルノイド以外のモンスターが存在している場合、相手スタンバイフェイズセットされている《遡洸する煉獄》を発動した場合、(1)の効果適用する事はできますか?
  また、同様に、自分スタンバイフェイズセットされている《遡洸する煉獄》を発動した場合、(2)の効果適用する事はできますか?
A:どちらも適用されません。(15/02/13)


Tag: 《遡洸する煉獄》 永続罠 煉獄

広告