(はや)すぎた埋葬(まいそう)/Premature Burial》

装備魔法(禁止カード)
800ライフポイントを払い、
自分の墓地に存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターを表側攻撃表示で特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードが破壊された時、装備モンスターを破壊する。

 Curse of Anubis −アヌビスの呪い−で登場した装備魔法
 ライフコストを払い、自分モンスター攻撃表示蘇生してこのカードを装備する効果と、自身が破壊された時に装備モンスター破壊する効果を持つ。

 《死者蘇生》と比べるとライフコストがあり、相手墓地モンスターは選べず、攻撃表示でしか出せない。
 しかし、装備魔法故にフィールドに残るため、《霞の谷のファルコン》等でバウンスして再利用する、《光帝クライス》蘇生して破壊対象にしてドローできるなどコンボの幅が広い。
 加えて《アームズ・ホール》で手軽にサーチサルベージできる点が大きく、これ1枚を最大4回使用することも可能。
 《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》との相性も良く、これを蘇生装備カードとなったところで、効果墓地へ送れば、エンドフェイズ時まで攻撃力を倍にできる。

  • OCGでは赤い十字マークの下から埋められた人が顔と手を出しているイラストだが、TCGでは十字が赤い○マークになっている。
    十字架は六芒星とならびTCGにおいて規制されやすいマークだが、このような修正はかなり珍しい。
  • 過去には検死技術の不完全さから、実際に「早すぎた埋葬」が行われる事があったとされる。
    埋葬された者が棺の中で目を覚まして脱出した、といった噂がしばしば流れており、これが死者復活(→吸血鬼やゾンビ・グールなど)の伝承となったと言われている。
    アメリカの小説家エドガー・アラン・ポーの作品『早すぎた埋葬(早まった埋葬)(The Premature Burial)』は、その出来事を題材とした作品である。
  • アニメVRAINS第32話で島直樹が見ていたネットのハンドルネームの1つに「早すぎたmy soul」という名前が確認できる。
    他のハンドルネームが放送時の禁止カードの捩りであることを踏まえると、このカード名を捩ったものだろう。

関連カード

カードの発動時に蘇生帰還を行う装備魔法

―類似効果

―派生・パロディカード

―類似カード名

収録パック等

FAQ

Q:《ザ・キックマン》等、特殊召喚成功時の任意効果発動できますか?
A:発動できます。

Q:《激流葬》《地獄の暴走召喚》等、特殊召喚成功時に他のカードの効果発動できますか?
A:発動できます。

Q:自分フィールド《リビングデッドの呼び声》が伏せてある状態で《早すぎた埋葬》を発動し、墓地《クリッター》を選択しました。
  相手はそれにチェーンし、《リビングデッドの呼び声》対象《サイクロン》発動しました。
  自分はそれにさらに《リビングデッドの呼び声》チェーンし、墓地《クリッター》を選択しました。
  この結果、《早すぎた埋葬》で選択した《クリッター》対象になった後一度フィールドに出て改めて墓地へ置かれる事になります。
  《早すぎた埋葬》での蘇生は通常通り処理されるのでしょうか?
A:《クリッター》は一度墓地を離れていますので、《早すぎた埋葬》は不発になります。(07/12/09)

Q:フィールドに《早すぎた埋葬》を装備したモンスターが居ます。
  別のモンスターに対し《力の集約》発動した場合、どうなりますか?
A:《早すぎた埋葬》は対象不適切となり破壊されます。
  装備モンスターもその時に破壊されます。

Q:《早すぎた埋葬》にチェーンして《力の集約》発動した場合、対象としたモンスター蘇生されて破壊されますか?
  それとも、そもそも特殊召喚されませんか?
A:モンスター蘇生されるのは、効果処理時です。
  この場合は逆順処理で《早すぎた埋葬》の効果処理時に来る前に破壊されるため、モンスター特殊召喚されません。

Q:《ホルスの黒炎竜 LV6》蘇生した場合、《ホルスの黒炎竜 LV6》はこのカード破壊されたときどうなりますか?
A:「魔法カード効果を受けない」ので、破壊されません。

Q:装備モンスター《明鏡止水の心》《サイバー・フェニックス》効果を受けていた場合、どうなりますか?
A:その場合、それらのカードが持つ効果により装備モンスターは《早すぎた埋葬》の効果を受けず、破壊されません。

Q:《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》フィールドにいても、このカード墓地ドラゴン族対象に選択でき、蘇生できますか。
A:はい、可能です。

Q:《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》が居るときにドラゴン族蘇生した場合、どうなりますか?
A:《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》は「対象にされない」効果です。
  「既に対象にされている」場合はその効果を打ち消すことができないため、《早すぎた埋葬》が破壊されたときドラゴン族破壊されます。

Q:《鉄の騎士 ギア・フリード》をこのカードで蘇生しました。
  そして発動する誘発効果チェーンして《非常食》で《早すぎた埋葬》を処理した場合、《鉄の騎士 ギア・フリード》完全蘇生になりますか?
A:はい、完全蘇生になります。


Tag: 《早すぎた埋葬》 魔法 装備魔法

広告