対壊獣用決戦兵器(たいかいじゅうようけっせんへいき)スーパーメカドゴラン/Super Anti-Kaiju War Machine Mecha-Dogoran》

特殊召喚・効果モンスター
星8/光属性/機械族/攻   ?/守2000
このカードは通常召喚できない。
相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合に特殊召喚できる。
(1):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
自分の手札・墓地から「壊獣」モンスター1体を選んで装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(3):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備した「壊獣」モンスターの元々の攻撃力分アップする。

 EXTRA PACK 2016で登場した光属性機械族特殊召喚モンスター
 相手フィールド壊獣が存在する場合に特殊召喚できる召喚条件壊獣共通のデメリット手札墓地壊獣装備カードにする起動効果、装備した壊獣攻撃力の合計を自身に加える永続効果を持つ。

 壊獣の特徴である「相手モンスターリリースして相手フィールド特殊召喚する」効果を持っていない。
 また、壊獣唯一の特殊召喚モンスターであり、《妨げられた壊獣の眠り》効果でも特殊召喚できない。
 よって、他の壊獣とは全く異なる運用が必要となる。

 (2)の効果で他の壊獣装備カードにし、(3)の効果でその攻撃力を自身に加えられる。
 しかし、1体装備しただけではその壊獣攻撃力をコピーしたに過ぎず、それならば初めからその壊獣特殊召喚すれば事足りる。
 攻撃力アップ以外の効果も持っておらず、直接的なアドバンテージも得られない。
 (2)の効果を複数回発動すれば6000以上もの攻撃力を得られるが、1ターンに1度しか発動できないので壊獣1体分の攻撃力を上回る事なく除去される可能性が高い。
 強いてコンボを挙げるなら、(2)の効果発動する前に《財宝への隠し通路》発動して直接攻撃能力を付与することはできる。

 非常に扱いづらい上にこのカードならではのメリットも乏しく、【壊獣】であっても採用圏外と評価せざるを得ない。

  • 他の壊獣とは異なる点が多いからか、英語名は他の壊獣が「名前→修飾語」の順番であるのに対してこのカードのみ「修飾語→名前」の順番になっている。
    なお、日本語名はいずれの壊獣も「修飾語→名前」の順番で統一されている。
  • イラストカード名から、モチーフは東宝ゴジラシリーズに登場するロボット怪獣「メカゴジラ」と思われる。
    昭和版では自立行動する宇宙人の侵略兵器だったのだが、平成以降は人類の切り札たる対ゴジラ兵器という立ち位置に立場が180度変わった。
    イラストでは背中から肩にかけてレーザー砲の存在が見られるため、特に1993年の映画『ゴジラvsメカゴジラ』に登場した機体を参考にしていると思われる。
    この状態のメカゴジラは公式からは「スーパーメカゴジラ」と呼ばれており、このカードの日本語名にもそれが感じられる。
    他の壊獣と違って味方側にしか特殊召喚できないのは、人類側の兵器である点を意識したからだろう。
    • (2)の効果は怪獣のサイボーグ化や合体をイメージしたものだろうか。
      2002年版のメカゴジラはゴジラの遺骸をサイボーグ化した兵器であり、1993年版のメカゴジラはサイボーグ怪獣メカキングギドラの技術を応用したものだった。
    • メカゴジラは劇中でも屈指の攻撃力と手数の多さを持つが、一方で機械などのトラブルによって性能が発揮できないシーンも多い。
      このカードも、状況次第では爆発的な攻撃力を得られる反面、無力化された場合無抵抗の棒立ち状態になる点で再現されていると言える。
    • KONAMIがメインスポンサーとして参加した『超星神シリーズ』の『幻星神ジャスティライザー』では上記のメガゴジラをモチーフとした「幻星獣ライゼロス」が味方側の怪獣型ロボットとして登場している。

関連カード

―《対壊獣用決戦兵器スーパーメカドゴラン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《対壊獣用決戦兵器スーパーメカドゴラン》 モンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター 星8 光属性 機械族 攻? 守2000 壊獣

広告