大将軍(だいしょうぐん) 紫炎(シエン)/Great Shogun Shien》

効果モンスター
星7/炎属性/戦士族/攻2500/守2400
自分フィールド上に「六武衆」と名のついたモンスターが
2体以上存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は1ターンに1度しか魔法・罠カードを発動できない。
また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが破壊される場合、
代わりに自分フィールド上に表側表示で存在する
「六武衆」と名のついたモンスター1体を破壊できる。

 STRIKE OF NEOSで登場した炎属性戦士族最上級モンスター
 六武衆が2体以上存在する時に手札から特殊召喚できる召喚ルール効果、自身が破壊される場合に六武衆身代わりにできる永続効果相手プレイヤー魔法・罠カード発動を制限する永続効果を持つ。

 六武衆特殊召喚での展開に優れている事から、自身の召喚ルール効果フィールド特殊召喚することは容易である。
 特に《真六武衆−カゲキ》《真六武衆−キザン》《六武衆の師範》とは相性がよく、手札に他の六武衆モンスターがあれば即座に3体以上のモンスターを展開できる。
 攻撃力も2500と最上級モンスターにしては控えめな数値だが、数多い攻撃力2400の上級モンスター戦闘破壊可能なラインは維持している。

 この他に擬似的な耐性とも言える相手の行動を抑止する効果を持ち、先攻ターン目に召喚できれば相手の展開を大きく鈍らせることができる。
 特に【チェーンバーン】をはじめとしたコンボデッキには、無類の強さを誇る。
 さらに1ターンに1度しかペンデュラムゾーンペンデュラムモンスター置く事ができなくなり、置くと他の魔法・罠カード発動できなくなるのでペンデュラム召喚を主軸とする相手を牽制できる。

 また1ターンに1枚しかロック破壊できるカード発動できないため、ロックデッキとも相性が良い。
 六武衆サポートカードでしかないため、召喚補助や除去回避手段を用意できるならば、【六武衆】以外のデッキにも投入を検討できる。

 だがコントロール奪取には無力であり、奪われると相手魔法・罠カードを使い放題になる。
 《魔封じの芳香》があればコントロール奪取も含めてさらに拘束力を強化でき、《六武衆−ヤイチ》伏せ除去効果発動しやすくなる。

  • モチーフは《天下人 紫炎》《真六武衆−シエン》と同じく「織田信長」だろう。
    「西洋風の鎧にマントを纏った鎧武者」というデザインは、現代の時代劇やゲームなどにおける信長の典型的な姿である。
    ただ、信長が西洋(南蛮)の品を好んだという記録はあるものの、西洋の鎧を所有・着用していたという記録は残されておらず、江戸時代以降の創作の可能性が高い。
    西洋鎧に加えてマントを着用した姿が一般的になったのは、1980年の黒澤明監督の映画『影武者』の影響が大きい。
  • マスターガイド2によると、混沌とする戦乱の世を治め、人々に安寧をもたらすために家臣や六武衆と共に戦っているとの事。
    この大将軍がやがて天下を取り、天下人となった。
    しかしそれまでの過程では襲撃や謀反が起きているようで、後に登場したカードイラストでは色々と描かれている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの「月影&素良vsオベリスク・フォース3人組」戦で月影が使用した通常罠《結界忍法−朧移しの術》のイラストに描かれている。

関連カード

―《大将軍 紫炎》のサポートカード

効果関連

――自分フィールド上に特定のモンスターが2体以上存在する時に特殊召喚できる

――発動を制限する類似効果を持つモンスター1ターンに1度を参照。

―《大将軍 紫炎》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《大将軍 紫炎》と六武衆2体が自分の場にいる時に《ライトニング・ボルテックス》を使用されました。
  身代わり効果で被害を抑えようとした場合、破壊されるモンスターは何体となるのでしょうか?
A:六武衆身代わりにする効果永続効果であるため、身代わりとなる場合自身がフィールドに居る必要があります。
  そのため、《大将軍 紫炎》と六武衆は同時に全て破壊されてしまい、生き残ることができません。
  結果、3体とも破壊されます。

Q:《因果切断》などの「除外する」効果に対し、身代わり効果は使えますか?
A:いいえ。除外破壊ではないので使えません。

Q:《奈落の落とし穴》などの破壊して除外する効果に対し、身代わり効果は使えますか?
A:破壊された後に除外するので、破壊される時点で身代わりにすれば除外されません。

Q:このカード戦闘破壊される場合、身代わり効果は使えますか?
A:使えます。

Q:このカードが場にいるとき、相手《おとり人形》罠カード発動させた場合、相手はこのターン魔法・罠カードは使えませんか?
A:はい、使えません。

Q:相手罠カード発動した後で、このモンスター召喚しました。
  このターン相手魔法・罠カードをもう1枚使う事ができますか?
A:はい、もう1枚だけなら使う事ができます。
  このカード表側表示で存在しない間は、回数に関して制限はなく、回数制限に関与する事はありません。

Q:このカードが存在するときに相手魔法を使用し、そのターン中このカード裏側守備表示となり、さらに同一ターンでこのカードリバースしました。
  この場合、このターン中に相手はもう1回魔法・罠カードを使う事ができますか?
A:上記の通り、回数制限は「このカードが表側表示で存在するようになってから、表側表示で存在する限り1枚だけ」になっています。
  つまり、1回裏側表示となった後でリバースする場合、裏側表示に「なる前」や「なっている間」に使われる魔法・罠カードは回数制限と無関係です。

Q:《漆黒の名馬》を装備した六武衆モンスターと《大将軍 紫炎》が場にいます。
  相手《ライトニング・ボルテックス》などの全体破壊発動された場合、六武衆モンスター《漆黒の名馬》効果破壊を免れ
  《大将軍 紫炎》はその六武衆モンスターを代わりに破壊し、破壊を免れることはできますか?
A:《ライトニング・ボルテックス》効果によってフィールド上に表側表示で存在する《大将軍 紫炎》や六武衆と名のつくモンスターが全て破壊される場合、他の六武衆と名のつくモンスターを代わりに破壊する効果適用する事ができません。
  よって、この質問の場合、《漆黒の名馬》を装備した六武衆のみがフィールド上に残ります。

Q:《大将軍 紫炎》が自分フィールドにいる時、相手魔法・罠カード発動し、それに対し自分カウンター罠《我が身を盾に》などでカウンターしました。
  この場合「発動無効」になっていますが、これは1枚発動した扱いになり、相手はそれ以上魔法・罠カード発動できないのでしょうか?
A:いいえ、発動無効になっていますので、相手はさらに別の魔法・罠カード発動できます。(07/08/02)

Q:《大将軍 紫炎》を自分召喚した時、相手召喚無効にするカウンター罠Aを発動し、自分はそれを無効にするカウンター罠Bをチェーンしました。
  そうした場合、相手カウンター罠Bを無効にするカウンター罠Cを更にチェーンすることができますか?
A:永続効果適用前ですので、カウンター罠Cをチェーンして発動できます。(08/07/31)

Q:《大将軍 紫炎》が自分フィールドにいる時、相手魔法・罠カード発動し、それに対し自分カウンター罠《我が身を盾に》などを発動しました。
  相手はそこにさらにチェーンして、カウンター罠発動できるでしょうか?
A:いいえ、できません。
  この場合ですとチェーン2のカウンター罠《我が身を盾に》が処理される前ですので、まだチェーン1の魔法・罠カード発動無効になっていません。
  ですので《大将軍 紫炎》の永続効果により、相手は他の魔法・罠カード発動することはできません。
  ただしチェーン処理がすべて終了し、相手魔法・罠カード発動無効化しているのであれば、相手はさらに別の魔法・罠カードチェーン1として発動できます。(07/08/02)

Q:墓地《神剣−フェニックスブレード》《剣闘獣の底力》の“効果発動”や表側表示で存在している永続魔法フィールド魔法永続罠の“効果発動”でも、《大将軍 紫炎》の永続効果が適用され、以降の魔法・罠カード発動が封じられますか?
  また、封じられない場合は、《大将軍 紫炎》の永続効果が適用された後でも、上記の“効果発動”は可能ですか?
A:《大将軍 紫炎》《氷結界の交霊師》《ナチュル・ローズウィップ》効果は、魔法・罠カード発動が1ターンに1度しかできない効果となり、既に表側表示で存在する永続魔法永続罠カードの効果発動や、墓地に存在する魔法カード効果発動は含まれません。
  よって、墓地に存在する《神剣−フェニックスブレード》《剣闘獣の底力》効果発動した場合でも、手札から魔法カード発動したり、セットされている魔法・罠カード表側表示にして発動する事ができます。
  また、魔法・罠カードを1度発動した場合でも、墓地に存在する《神剣−フェニックスブレード》《剣闘獣の底力》効果を使用する事ができます。(09/08/31)


Tag: 《大将軍 紫炎》 効果モンスター モンスター 星7 炎属性 戦士族 攻2500 守2400 紫炎

広告