虫忍(チュウニン) ハガクレミノ》

リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/昆虫族/攻1000
【リンクマーカー:左上/下】
カード名が異なるモンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、
相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(2):このカードのリンク先のモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分の手札・墓地からレベル4以下の昆虫族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。

 プロモーションパック2019で登場した風属性昆虫族リンクモンスター
 自身のリンク先モンスターが存在する限り自身が攻撃対象にならない永続効果リンク先モンスター破壊された場合に下級昆虫族特殊召喚する誘発効果を持つ。

 縛りは緩いが、種族と(2)の効果の都合上、主に【昆虫族】系統で使用する事となる。

 (1)は自身が攻撃対象に選択できないようにする効果
 このカード攻撃力は貧弱なので戦闘破壊から身を守れる点では噛み合いが良い。
 リンクマーカーの向きからして、自分相手のどちらのモンスターでもリンク先に配置して効果適用できる。
 ただ、相手モンスターを置く場合は相手の意思によってリンク先から別の位置に動かされやすい。
 安全性を意識するならば自分モンスターを配置しておきたい。

 (2)は下級昆虫族手札または墓地から特殊召喚する効果
 手札から出すよりはリンク素材にした昆虫族蘇生する方がカード・アドバンテージ的には良い。
 リンク先自分モンスターが存在する場合は、(1)の都合上、相手は先にそちらを処理しようとするので発動は狙いやすい。
 下側のリンク先蘇生すれば再び(1)が適用されるのでもう1度身を守れる。
 リンク先相手モンスターが存在する場合は、こちらから戦闘効果破壊する事で更なるアドバンテージが得られる。
 どちらの使い方を狙うにせよ、1ターンに1度の制限と蘇生した昆虫族除外される点は意識しておきたい。
 除外された場合の効果を持つ《共振虫》特殊召喚するのも面白いだろう。

 昆虫族リクルーター自爆特攻トリガーにすれば2体の昆虫族を並べられ、エクシーズ召喚につなげる事でデメリットを回避できる。

 【甲虫装機】ならリンク先モンスター《甲虫装機 ホーネット》効果破壊し、効果《甲虫装機 ダンセル》蘇生してさらに装備するといった形で大量展開も狙える。

  • 名前は、「木の葉隠れ(木の葉の陰に隠れること)」+「隠れ蓑」か。
    「虫」は、植物の葉のような体躯から「コノハムシ」のニュアンスだろう。
    また、漢字が似ていることや読み方が同じなことから「中忍」とも掛かっている。
  • (1)の効果は他のモンスターを隠れ蓑にして自身の身を守る事を意識しているのであろう。
  • コノハムシは、東南アジアに生息するナナフシ目の昆虫。
    メスはその名の通り木の葉に非常に似た姿をしているが、オスはメスに比べると細長くあまり木の葉に似ていない代わりに、翅が発達していて飛ぶことができる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《虫忍 ハガクレミノ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 風属性 昆虫族 攻1000

広告