超古代恐獣(エンシェント・ダイノ)/Super-Ancient Dinobeast》

効果モンスター
星8/地属性/恐竜族/攻2700/守1400
このカードは恐竜族モンスター1体をリリースして
表側攻撃表示でアドバンス召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在し、
自分の墓地から恐竜族モンスターが特殊召喚された時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

 EXTRA PACK Volume 2で登場した地属性恐竜族最上級モンスター
 アドバンス召喚のためのリリースを軽減する効果外テキストデッキからカードドローする誘発効果を持つ。

 最上級モンスターだが恐竜族リリースする場合に1体でアドバンス召喚できる。
 《ダーク・アームド・ドラゴン》クラスには及ばないが、上級モンスターとして見た場合は十分な攻撃力と言えるだろう。

 レベル8なので《化石調査》に対応していないが、《魂喰いオヴィラプター》を経由すれば間接的にサーチが可能。
 サーチに使用した《魂喰いオヴィラプター》が生き残れば次のターンリリースを軽減してアドバンス召喚が狙える。
 または、サーチではなく墓地へ送り蘇生に繋げても良い。
 その他、忍者《忍法 超変化の術》フィールドには呼び込みやすい。

 活躍させるならば蘇生カード多用した専用デッキを組む必要があるだろう。
 前述の《魂喰いオヴィラプター》蘇生効果ドロー効果トリガーにもなるため非常に相性が良い。
 汎用性のある《リビングデッドの呼び声》《強化蘇生》等も選択肢になる。
 《ジャンク・シンクロン》《クレーンクレーン》恐竜族蘇生させ、シンクロ召喚エクシーズ召喚しつつドローする手もある。

  • 日本語名のルビは、「超(スーパー)」に当たる部分がカットされている。
    また、「恐獣」も従来では「ティラノ」と読んでいたが、このカードでは「ダイノ」と読ませている。

関連カード

カード名関連

―恐獣モンスター《暗黒恐獣》を参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:1つ目はモンスター効果として扱いません。(効果外テキスト)(16/07/07)
  2つ目は誘発効果です。(09/09/19)

Q:セット状態の恐竜族リリースする場合でも、1体のリリースアドバンス召喚できますか?
A:はい、可能です。(09/10/14)

Q:ドローする効果ダメージステップ発動することはできますか?
A:発動できません。(09/10/06)

Q:ドローする効果をこのカード自身が墓地から特殊召喚された時に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(09/10/22)

Q:ドローする効果をこのカード自身と他の恐竜族が同時に墓地から特殊召喚された時に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(09/10/22)


Tag: 《超古代恐獣》 効果モンスター モンスター 星8 地属性 恐竜族 攻2700 守1400

広告