(いた)()け/Share the Pain》

通常魔法
自分フィールド上に存在するモンスター1体をリリースして発動する。
相手はモンスター1体をリリースしなければならない。

 BOOSTER7で登場した通常魔法
 自分フィールド上のモンスターリリースし、相手モンスターリリースさせる効果を持つ。

 そのまま使用すると2:1交換になるため、他のカードを併用しディスアドバンテージを軽減したい。
 《クロス・ソウル》とのコンボにより、相手モンスターを2体リリースすることで2:2交換が可能。
 また、聖刻モンスタートークンペンデュラムモンスター《黄泉ガエル》などをリリースする事でも、ディスアドバンテージを軽減できる。

 単なる除去目的ならば、コストなしで使いやすいカードが多いが、このカードの特徴は特殊な効果にある。
 このカードの効果相手プレイヤーリリースを強要する」ことであり、モンスターリリース効果によるものとして扱われない。(14/07/20)
 よって、相手魔法効果を受けないモンスターだとしてもリリースしなければならない。
 《毒蛇神ヴェノミナーガ》《神竜騎士フェルグラント》等を後出しで処理でき、それら効果を受けないモンスター除去できる。

 ただし、リリースするモンスター相手プレイヤーが選ぶのが難点であり、狙ったモンスター除去できないことも多い。
 類似効果《強制転移》同様、《リビングデッドの呼び声》《スケープ・ゴート》などのチェーン発動で簡単に回避されてしまう。
 また、このカード発動効果無効にされてしまった場合も除去はできない。
 一方で壊獣《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《サタンクロース》特殊召喚リリースコスト除去できるため、無効効果を持つものでもほぼ確実に除去できる。
 よって、メタカードとして見た場合でも安定性は低いため、同様のリリース除去するカードよりも採用率も低いのが現状である。

  • イラストでは二人の剣士が刺し違えて首から血を噴き出しているが、何故かその血液と思しきものが青く描かれている。
    また、海外版イラストでは血液が削除されているため、さらにどんな状況なのか分かりづらくなっている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:リリースするのは、自分相手効果によるものですか?
A:自分リリースコストです。
  相手リリース効果によるものとして扱いません。(14/07/20)

Q:このカードの効果《ホルスの黒炎竜 LV6》など、魔法効果を受けないモンスターリリースする事ができますか?
A:はい、できます。

Q:「相手モンスター1体」かつ「《クロス・ソウル》適用中」の状況で、このカードは使えますか?
  (コストを払った時点で不発が確定する場合、使えますか?)
A:発動できません。(10/09/07)

Q:このカード効果処理によって《トリック・デーモン》墓地へ送られました
  《トリック・デーモン》効果発動しますか?
A:このカードによってモンスター墓地へ送る処理は、効果による扱いとはなりません。
  《トリック・デーモン》効果発動しません。(13/10/26)


Tag: 《痛み分け》 魔法 通常魔法

広告