天界王(てんかいおう) シナト/Shinato, King of a Higher Plane》

儀式・効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻3300/守3000
「奇跡の方舟」により降臨。
フィールドか手札からレベルが8以上になるよう
カードを生け贄に捧げなければならない。
このカードが相手の守備表示モンスターを戦闘によって破壊し墓地へ送った時、
破壊したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 ガーディアンの力で登場した光属性天使族儀式モンスター
 守備表示モンスター戦闘破壊墓地へ送った時に相手ライフダメージを与える誘発効果を持つ。

 3300という高攻撃力シナジーした効果だが、大ダメージを与えるのは難しい。
 通常、攻撃力の高いモンスター攻撃表示で出され、守備表示で出されるのは攻撃力の低いモンスターであることがほとんどだからである。
 このモンスターの存在を確認した後であれば、なおさら大きなバーンを受けるような展開の仕方はしないだろう。

 効果はオマケ程度にとらえ、自身は普通に戦闘要員として立ち回るだけでも十分な仕事をしてくれる。
 《オネスト》に対応することも含め、相手がこのカード戦闘で突破することは至難の業である。
 敢えて効果も活用したければ《エネミーコントローラー》等で必要に応じて表示形式を変更すると良い。

 ただ種族こそ異なるが、攻撃力で上回り、より守備表示モンスターに対して圧倒的優位に立つことができ、さらに優秀な耐性を持つ《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》の方が安定性・カードパワー共に上回っている。
 このカードを使用したいのであれば、天使族であることと、《儀式の下準備》に対応することを最大限に引き出す構築が求められる。

 光属性天使族レベル8なので、《トレード・イン》《天空の宝札》に対応している。
 墓地に置いてもカオスなどの除外コストにできるので手札事故回避になる。

  • アニメでプレゼントが行われたカードであり、ガーディアンの力ではノーマルレアとして収録されている。
    他のアニメ由来カード5種も同様である。
    これらのカードは非常に封入率が低く、出た当初は非常に価値が高かった。
    「プレゼントカードが先に贈られた」という事も相まって、その後パックに収録されると知られるまでの僅かな期間ではあるが、オークションに出品された当初は現在では信じられない事に万単位で取引されていた。
  • 「シナト」の由来は、日本神話に登場する風の神・志那斗弁命(シナトベノミコト)と思われる。
    だが、このモンスター光属性である。
  • 攻撃名にある「六道」は、仏教にて迷いのある者が輪廻する「天道」「人間道」「修羅道」「畜生道」「餓鬼道」「地獄道」といった6種類の世界の事を指す。
    もちろん、《奇跡の方舟》の元ネタである旧約聖書とは何ら関連性はない。
  • コナミのゲーム作品において―
    DM8では通常モンスターであり、「天使たちが住む天界の王。慈悲深いが、敵とみなしたものには容赦がない」というテキストであった。

関連カード

戦闘破壊したモンスターステータスに依存したバーン効果《E・HERO フレイム・ウィングマン》を参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《天界王 シナト》 儀式モンスター 効果モンスター モンスター 星8 光属性 天使族 攻3300 守3000

広告