伝説の白石(ホワイト・オブ・レジェンド)/The White Stone of Legend》

チューナー(効果モンスター)
星1/光属性/ドラゴン族/攻 300/守 250
このカードが墓地へ送られた時、デッキから「青眼の白龍」1体を手札に加える。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した光属性ドラゴン族下級モンスターチューナー
 墓地へ送られた時に《青眼の白龍》デッキからサーチする誘発効果を持つ。

 どのような方法で墓地へ送られても発動する優秀なサーチ効果を持つ。
 強制効果でありタイミングを逃すことがないので、コストにしようがシンクロ素材にしようが確実に《青眼の白龍》サーチする事ができる。
 チューナーであるため腐りにくく、《ワン・フォー・ワン》《金華猫》など様々なサポートを併用できる。

 《竜の霊廟》墓地へ送る事で、任意のドラゴン族通常モンスター1体を墓地へ送りつつ《青眼の白龍》サーチする事も可能。
 手札コストとしても優秀であり、【征竜】などではこのカード《青眼の白龍》とで2枚分の手札コストを担う事ができる。

 もっとも、《青眼の白龍》最上級モンスターであるので、サーチした所でそれを活かす手段がなければなんの役にも立たない。
 《正義の味方 カイバーマン》特殊召喚する、《トレード・イン》手札コストや、融合素材として墓地へ送るなどの使い道を考えておきたい。
 《正義の味方 カイバーマン》は、このカード共々《シャインエンジェル》効果によって特殊召喚できるため、非常に相性が良い。

関連カード

―《伝説の白石》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:手札《青眼の白龍》が3枚ある時に《伝説の白石》が墓地へ送られました。
  その際デッキ《青眼の白龍》が入ってないことを相手確認させる必要がありますが、手札《青眼の白龍》を3枚見せることでデッキ確認させないということは可能ですか?
  また、可能な場合でもデッキシャッフルしますか?
  (デッキトップを操作している場合等デッキシャッフルを回避できるかの確認
A:「除外墓地に既に3枚ある」などの明確な場合を除き、相手確認したいと要求してきたならばデッキ公開しなければなりません。
  なお、「手札にある3枚を見せることでデッキ確認を回避する」ということはできません。(08/09/28)

広告