伝説(でんせつ)爆炎使い(フレイム・ロード)/Legendary Flame Lord》

儀式・効果モンスター
星7/炎属性/魔法使い族/攻2400/守2000
「灼熱の試練」により降臨。
フィールドか手札から、レベル7以上になるよう
カードを生け贄に捧げなければならない。
自分または相手が魔法を発動する度に、
このカードに魔力カウンターを1個乗せる。
このカードの魔力カウンターを3個取り除く事で、
このカードを除くフィールド上のモンスターを全て破壊する。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 闇魔界の脅威で登場した炎属性魔法使い族儀式モンスター
 魔法カード発動する度に自身に魔力カウンターを乗せる永続効果と、魔力カウンターを取り除く事で自身を除くフィールドモンスターを全て破壊する起動効果を持つ。

 全体除去効果モンスター限定であり、発動にはコスト魔力カウンターを3個貯め取り除かなくてはならない。
 儀式召喚後に魔法カードを3枚発動すれば発動条件は満たせるが、通常の【儀式召喚】でそこまで魔法カードを温存するのは難しい。
 最上級モンスターとしては低めの攻撃力もネックであり、全体除去後の直接攻撃も単体では決め手になりにくい。
 範囲こそ違えど《ライトニング・ボルテックス》であれば手軽に除去効果発動できる。

 円滑にモンスター効果の発動を狙うのであれば、《魔法都市エンディミオン》魔力カウンターをストックできる構築にしたい。
 《魔力掌握》《トゥーンのもくじ》等でサポートできれば自身の儀式魔法も含めて即座に効果発動できる。
 また、各種魔導書を併用すれば魔力カウンターを溜めつつ強化を狙える。

 全体除去効果を持つ儀式モンスターには、より除去範囲の広いレベル8の《終焉の王デミス》が存在する。
 モンスター除去に加え魔法・罠除去も行えるため、単純な儀式召喚後のリターンではこちらが劣っている。
 しかし、このカードレベル7の儀式モンスターであり、《儀式の準備》に対応しライフコストも求めない。
 《契約の履行》を装備中に起動効果発動しても自壊してしまわないのも、《終焉の王デミス》には無いメリットと言える。
 もっともその場合も、不確定だが誘発効果全体除去を狙え、攻撃力も高い《破滅の魔王ガーランドルフ》が存在する。

 《高等儀式術》儀式召喚する際は、同じ魔法使い族で専用サポートが豊富な《ブラック・マジシャン》1体を墓地へ送る事で条件を満たせる。
 同様に《O−オーバーソウル》蘇生できる《E・HERO ネオス》ステータスサポートカード共に優秀。
 自身は炎属性なので、《ミラクル・フュージョン》等から《E・HERO ノヴァマスター》融合素材にもなる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ版「戦いの儀」で海馬のジュラルミンケースにあったのが確認されている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自身を特殊召喚する際に使用した儀式魔法魔力カウンターは乗りますか?
A:いいえ、乗りません。


Tag: 《伝説の爆炎使い》 儀式モンスター 効果モンスター モンスター 星7 炎属性 魔法使い族 攻2400 守2000

広告