電子光虫(デジタル・バグ)−ウェブソルダー/Digital Bug Websolder》

効果モンスター
星3/光属性/昆虫族/攻 500/守1500
このカードをX召喚の素材とする場合、昆虫族モンスターのX召喚にしか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示にし、手札から昆虫族・レベル3モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドの全ての表側表示モンスターは、守備力が0になり、守備表示になる。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した光属性昆虫族下級モンスター
 昆虫族モンスター以外のエクシーズ素材にできない効果外テキストモンスター守備表示にすることで手札から昆虫族レベルモンスター特殊召喚する起動効果エクシーズ素材となった時に相手モンスター守備表示にし、その守備力を0にする効果エクシーズモンスターに与えるルール効果を持つ。

 (1)は自分フィールド表側攻撃表示モンスター1体を守備表示にし、手札から昆虫族レベルモンスター1体を守備表示特殊召喚する効果
 手札に他の昆虫族レベルモンスターがあれば、召喚後に自身を対象とすることで即座に展開でき、ランク3のエクシーズ召喚が可能。
 攻撃表示蘇生させた場合でも使用可能となる。
 守備表示化と特殊召喚の処理は同時扱いであるため、《電子光虫−センチビット》守備表示にすれば効果を利用することもできる。

 (2)の効果はこのカードを素材としてエクシーズ召喚したモンスター効果を与える効果
 相手フィールドの全ての表側表示モンスター守備力0にして守備表示にすることができ、戦闘によって除去しやすくなる。
 (1)の効果特殊召喚できる《バチバチバチ》とは相性が良く、共にエクシーズ素材とすれば大きな貫通ダメージを与えられる。
 《電子光虫−センチビット》の追加効果による全体攻撃や、《断頭台の惨劇》相手フィールドモンスターを一掃するのもよい。

 電子光虫の中では(2)の効果汎用性が高く、(1)の効果も他のサポートなしで運用できる。
 【昆虫族】レベルモンスターを用いるならば、《No.20 蟻岩土ブリリアント》と共に投入すれば昆虫族の突破要員として活躍が期待できる。

  • 蜘蛛のようなデザインを踏まえ、名前の由来は「ウェブ」+「ソルダー」か。
    「ウェブ」とはインターネット上の文章などを公開・閲覧するシステムの名称として知られているが、本来は「蜘蛛の巣」を意味している。
    「ソルダー」は、電子機器の製作時にはんだ付けなどで使われる素材の一つである。
    また、「ウェーブソルダリング」というはんだ付けの工法がある。

関連カード

―蜘蛛をモチーフとするカードの一覧は《蜘蛛男》を参照。

―《電子光虫−ウェブソルダー》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《電子光虫−ウェブソルダー》 モンスター 効果モンスター 星3 光属性 昆虫族 攻500 守1500

広告