怒れる類人猿(バーサークゴリラ)/Berserk Gorilla》

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻2000/守1000
このカードが表側守備表示でフィールド上に存在する場合、このカードを破壊する。
このカードのコントローラーは、このカードが攻撃可能な状態であれば
必ず攻撃しなければならない。

 混沌を制す者で登場した地属性獣族下級モンスター
 表側守備表示で存在する時自壊する永続効果と、攻撃可能であれば強制的に攻撃を行わなければならない永続効果を持つ。

 デメリットアタッカーの中では攻撃力は低いが、その分デメリットも軽い。
 ただし、同じ攻撃力2000でデメリットの無いカード《ジェネティック・ワーウルフ》など多く存在するため、種族自壊を利用することになる。

 【獣族】【バブーン】で、獣族である点を生かしアタッカーとして採用するのが基本となる。
 《ライオウ》《インヴェルズ・ローチ》を一方的に殴り倒せる攻撃力は現在でも貴重である。
 また、守備表示にすると自壊するデメリットを逆手に取り、《森の番人グリーン・バブーン》トリガーにできる。
 《森の聖獣 ユニフォリア》から特殊召喚したモンスターはそのターン攻撃できないが、この方法で《森の番人グリーン・バブーン》特殊召喚すれば、即座に攻撃を行えることは覚えておこう。

関連カード

―《怒れる類人猿》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの攻撃に対し「チェーン1:《魔法の筒》」「チェーン2:《重力解除》(表示形式変更効果)」とチェーンが積まれました。
  この場合、どのように処理を行いますか?
A:自壊デメリットチェーンブロックを作らない永続効果です。
  その事と逆順処理に則り、「2:守備表示となり」直後に自壊、その後「1:《魔法の筒》の処理(不在により不発)」と処理します。

Q:《最終突撃命令》適用中に表側守備表示になる効果を使われた場合、どうなりますか?
  普通のモンスターならば一瞬表側守備表示になった後すぐに表側攻撃表示になりますが、自壊は発生しますか?
A:表側守備表示になった後、《最終突撃命令》効果が適用されます。
  その後に《怒れる類人猿》の効果自壊します。(08/06/23)

Q:《最終突撃命令》適用中に裏側守備表示のこのモンスター攻撃された場合、どうなりますか?
  普通のモンスターならば一瞬表側守備表示になった後すぐに表側攻撃表示になるわけですが、自壊は発生しますか?
A:自壊し、その後のダメージ計算等は行われません。(10/08/31)


Tag: 《怒れる類人猿》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 獣族 攻2000 守1000

広告