破壊剣(はかいけん)−ドラゴンバスターブレード/Dragon Buster Destruction Sword》

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 400/守 300
「破壊剣−ドラゴンバスターブレード」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに自分フィールドの「バスター・ブレイダー」1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのモンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
(2):このカードが装備されている場合、相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(3):このカードが装備されている場合に発動できる。
装備されているこのカードを特殊召喚する。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した闇属性ドラゴン族下級モンスターチューナー
 《バスター・ブレイダー》装備カードとなる起動効果装備カードになっている間相手エクストラデッキからの特殊召喚を封じる効果装備カード状態の自身を特殊召喚する効果を持つ。

 (1)の効果は自身を《バスター・ブレイダー》装備カードとする効果
 (2)・(3)の効果とは連動しており、それらを効率よく使うために使用する事になる。
 当然だが、《バスター・ブレイダー》フィールドにいる必要があるので、効率良く特殊召喚する準備もしなければならない。
 この点は《破壊剣士の伴竜》と相性が良く、1枚でこのカードサーチ《バスター・ブレイダー》特殊召喚を同時にこなす事ができる。

 (2)の効果相手エクストラデッキからの特殊召喚を封じる効果
 現環境では主流デッキからファンデッキに至るまで、戦力の大半をエクストラデッキモンスターに頼りきっているデッキも少なくない。
 加えてエクストラデッキからのペンデュラム召喚も封じるので、反撃の布石すら作らせないことも可能。
 以上のことから影響力は非常に高く、状況によってはこのカードだけで詰んでしまうこともあるだろう。
 しかし、装備カード故に魔法・罠除去はもちろん、装備モンスター除去されたり裏側守備表示にされるだけでも、このカードを処理されてしまう。
 装備カードとなる効果自体には回数制限はないので、《ダーク・バースト》《金華猫》によるサポートカードを用いてフォローするのが望ましい。

 (1)の効果以外の方法で装備カードになっていてもいいので、《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》相手ターン中に装備させてもいい。
 エクストラデッキからの特殊召喚を行う効果《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》効果チェーン発動させれば、それを不発にする事もできる。
 ただし、《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》効果で装備できるのは墓地からなので、奇襲性は決して高くない。

 (3)は装備カード状態の自身を特殊召喚する効果
 (1)の効果装備カードになれるので、実質手札から自身を特殊召喚できる効果を持っているモンスターであるともいえる。
 こちらも装備カードになった手段を問わないので、《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》を事実上の蘇生カードとして使える。
 【サイバー・ダーク】でも、同じ要領で特殊召喚のできるレベルチューナーとして採用を検討できる。
 しかし、エクストラデッキからの特殊召喚封じを自ら解除してしまい、反撃の隙を与えることにもつながるため、状況を見極めた使用が求められることになる。

関連カード

イラスト関連

―《破壊剣−ドラゴンバスターブレード》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《破壊剣の使い手−バスター・ブレイダー》を対象に(1)の効果発動したところ、チェーンして《エフェクト・ヴェーラー》発動され、《破壊剣の使い手−バスター・ブレイダー》効果無効となりました。
  この時、《破壊剣の使い手−バスター・ブレイダー》カード名《バスター・ブレイダー》ではなくなっていますが、装備する処理は行われますか?
A:通常通り装備する処理を行ないます。
  また、既にこのカードを装備しているモンスターカード名《バスター・ブレイダー》ではなくなった場合も、このカード破壊されることはありません。(15/10/16)


Tag: 《破壊剣−ドラゴンバスターブレード》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 ドラゴン族 攻400 守300 破壊剣

広告