破壊剣(はかいけん)使(つか)()−バスター・ブレイダー/Buster Blader, the Destruction Swordmaster》

効果モンスター
星7/地属性/戦士族/攻2600/守2300
(1):このカードのカード名は、
フィールド・墓地に存在する限り「バスター・ブレイダー」として扱う。
(2):相手フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、
破壊されたそのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(3):1ターンに1度、このカードが装備している
モンスターカード1枚を墓地へ送って発動できる。
墓地へ送ったそのモンスターカードと
同じ種族の相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した地属性戦士族最上級モンスター
 フィールド墓地《バスター・ブレイダー》となるルール効果破壊された相手モンスター1体を装備する誘発効果装備カード扱いのモンスター1体を墓地へ送り同じ種族相手モンスターを全て破壊する起動効果を持つ。

 (1)の効果により、フィールド墓地《バスター・ブレイダー》として扱うが、手札デッキでは適用されない。
 そのため、《バスター・ブレイダー》では可能だった《竜破壊の証》でのサーチ《E・HERO プリズマー》による墓地送り、《破壊剣士の伴竜》による手札からの特殊召喚《破壊剣士融合》による手札融合はできない。

 (2)の効果戦闘破壊した相手モンスターを装備し、(3)の効果でそれを墓地へ送る事で同じ種族モンスター全体除去できる。
 種族統一デッキに対して有効な効果だが、バスター・ブレイダーサポートカードである《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》との相性が悪い。
 《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》相手フィールドモンスタードラゴン族にするため、相手デッキ【ドラゴン族】系統でもなければ、装備カード相手モンスター種族が異なってしまう。
 ドラゴン族《破壊剣−ドラゴンバスターブレード》墓地へ送れば全体除去になり、《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》で再装備が容易になるので効果を活かしやすい。

 【バスター・ブレイダー】においては、手札デッキ《バスター・ブレイダー》にならない点で扱い難さがある。
 しかし、手札デッキ破壊剣カードであることで《バスター・ブレイダー》にはないメリットがある。
 《破壊剣士の伴竜》サーチできるため、そこから墓地へ送ることで蘇生に繋ぐことができる。
 墓地へ送る手段として《破壊剣士の宿命》《破壊剣士融合》サルベージコストに使うなどががある。
 上記のカード墓地へ送る方法として《おろかな副葬》があり、このカードに対して擬似的に《おろかな埋葬》のように扱うことができる。
 また、墓地では《バスター・ブレイダー》として扱うため《竜破壊の証》サルベージでき、再び破壊剣としての利点を活かす動きもできる。
 他にも、ペンデュラム召喚等の手札《バスター・ブレイダー》ではない点が気になりにくいデッキ構築にするというのも考えられる。

関連カード

イラスト関連

―《破壊剣の使い手−バスター・ブレイダー》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《破壊剣の使い手−バスター・ブレイダー》 モンスター 効果モンスター 星7 地属性 戦士族 攻2600 守2300 破壊剣 バスター・ブレイダー

広告