爆炎帝(ばくえんてい)テスタロス/Thestalos the Mega Monarch》

効果モンスター
星8/炎属性/炎族/攻2800/守1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
このカードがアドバンス召喚に成功した時、
相手の手札を確認して1枚捨てる。
捨てたカードがモンスターカードだった場合、
そのモンスターのレベル×200ポイントダメージを相手ライフに与える。
このカードが炎属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、
その時の効果に以下の効果を加える。
●相手ライフに1000ポイントダメージを与える。

 PRIMAL ORIGINで登場した炎属性炎族最上級モンスター
 リリースを軽減する効果外テキストアドバンス召喚に成功した時に相手手札確認して1枚を捨てさせ炎属性リリースした場合さらに1000ポイントの効果ダメージを与える誘発効果を持つ。

 《炎帝テスタロス》上位種であり、ハンデス《押収》と同じく手札確認して選択できるようになった上に、バーンダメージのレートも倍増している。
 ただ、肝心のハンデス枚数は《炎帝テスタロス》と同じ1枚であり、相手手札を確認できる面を差し引いてもアドバンテージに繋がりにくい。
 情報アドバンテージを得たとしても高速化した環境では対処する前にこちらが不利になることも多く、アドバンス召喚が必要な分、発動できる機会も限られる。
 追加のバーン効果も、炎属性リリース要員向けのモンスターが少ないため、使う機会は少ない。
 《煉獄の氾爛》炎属性インフェルノイドトークンを生成してリリースとするなら使える程度。

 よって基本的にはサポートカードが豊富であり、このカードの能力を存分に活かせる【帝王】で運用する事となる。
 《連撃の帝王》相手メインフェイズ開始時を狙い撃ちにする、《帝王の開岩》同名カード《冥帝エレボス》サーチしてハンデスを連打する事で手札を一気に削るといった戦法ならば有効性も上がる。
 と言っても、他の最上級のようなフィールドへの干渉力は持たないので、採用するならばピン挿しするか、相手を見てサイドデッキから投入した方が扱いやすい。
 環境によっては特化気味に構築し、徹底的に手札からの展開妨害をするのもいいだろう。

関連カード

リリース1体でアドバンス召喚できる最上級モンスターの一覧

―《爆炎帝テスタロス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:「捨てる」「レベル×200ダメージ」は同時の扱いですか?
A:いいえ、手札捨てそこでモンスターかどうかを判定しダメージを与えるので、捨てたそのあとにダメージを与える扱いとなります。(14/03/01)

Q:「レベル×200ダメージ」「1000ダメージ」は同時の扱いですか?
A:いいえ、同時の扱いではありません。(14/03/01)

Q:1度の効果処理で「レベル×200ダメージ」「1000ダメージ」の両方を与えた場合、《悪夢の拷問部屋》効果は何回発動しますか?
A:その場合でも《悪夢の拷問部屋》効果は1回しか発動しません。(14/08/15)


Tag: 《爆炎帝テスタロス》 効果モンスター モンスター 星8 炎属性 炎族 攻2800 守1000

広告