彼岸(ひがん)悪鬼(あっき) ドラゴネル/Draghig, Malebranche of the Burning Abyss》

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1100/守 900
「彼岸の悪鬼 ドラゴネル」の(1)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに「彼岸」モンスター以外の
モンスターが存在する場合にこのカードは破壊される。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「彼岸」カード1枚を選んでデッキの一番上に置く。

 EXTRA PACK 2015で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 彼岸共通の効果と、彼岸カードデッキトップに置く誘発効果を持つ。

 (1)・(2)の効果《彼岸の悪鬼 グラバースニッチ》と共通しており、扱い方はあちらを参照。

 (3)の固有効果は、彼岸カードデッキトップに置く効果
 当然そのままでは置かれたカード手札に加わるにはドローを待たねばならない。
 タイミングはやや遅めだが、下級彼岸モンスターサーチなら《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》で事足りる。
 そのため魔法罠カードも選べること、サーチではなくデッキトップ操作であることに注目したい。

 相性がいいカードとしてはやはり《彼岸の旅人 ダンテ》が挙げられる。
 デッキトップ操作後にあちらの効果を発動すれば、任意の彼岸モンスターを確実に墓地に落とすことが可能。
 また《彼岸の巡礼者 ダンテ》効果《手札断殺》等で即座に手札に持ってくる事で事実上のサーチとしても機能する。
 効果自体は一癖あるものの、上手く扱えればデッキの回転に貢献してくれるだろう。

  • モチーフは、ダンテの『神曲』に登場するマレブランケの一人である「Draghignazzo(ドラギニャッツォ)」だろう。
    その名は「大きな竜」または「竜のような笑い方をする者」を意味する。
    日本語名の「ドラゴネル(Dragonel)」は、ドロシー・L・セイヤーズ訳の英語版におけるドラギニャッツォの名前である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《彼岸の悪鬼 ドラゴネル》 モンスター 効果モンスター 星3 闇属性 悪魔族 攻1100 守900 彼岸

広告