飛翔(ひしょう)する(ジー)/Flying "C"》

効果モンスター
星3/地属性/昆虫族/攻 700/守 700
相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した時、
このカードを手札から相手フィールド上に表側守備表示で特殊召喚できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
このカードのコントローラーはエクシーズ召喚できない。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した地属性昆虫族下級モンスター
 相手召喚・特殊召喚に成功した時に相手フィールド上に特殊召喚できる誘発効果と、コントローラーエクシーズ召喚を行えなくなる永続効果を持つ。

 手札から発動するために奇襲性は高く、あらゆる召喚特殊召喚に対応するために発動機会は多い。
 とは言え、シンクロ召喚を使用するデッキに対しては簡単に処理されてしまうことも多い。
 それに加え、リンク召喚の登場により、ほとんどのデッキでこのカードを処理しやすくなってしまった。

 また、エクシーズ召喚をうまく阻害できたとしても、手札を使って相手アドバンテージを与えてしまっているので、その後の対処が問題となる。
 このカードを維持し続けると自分直接攻撃全体除去も諦めることになるため、切り捨てのタイミングも重要となるだろう。

 《ジュラック・グアイバ》など戦闘破壊トリガーとするモンスターを多用するデッキならば、メインデッキからの採用も検討できる。
 相手デッキに依存せず、戦闘破壊可能なモンスター送りつける事ができるので、展開の起点にできる。
 表側守備表示送りつけを行えるものとしては、速度・汎用性共に高めであるため、通常では発動しにくい《XX−セイバー フラムナイト》《ニトロ・ウォリアー》効果を活かす事ができる。
 特に【昆虫族】ならば《スパイダー・スパイダー》との相性が抜群で、相手エクシーズ召喚を妨害しつつ、返しのターン戦闘破壊できれば《スパイダー・スパイダー》効果発動できる。
 ここに《大樹海》発動しているならば、さらにレベル3のモンスターサーチでき、大きなアドバンテージを獲得できるだろう。

  • 《黒光りするG》《増殖するG》に続く「」のカード
    カード名通り飛翔するイラストはまさにゴキブリそのものであり、苦手な人には辛い。
    余談だが、民家などで見かける種は飛翔するどころか基本的に滑空が多少できるのみであり、しかも自身が危機を感じるまでそのことを忘れている。
    しかし森林などに生息する種はこの限りでない。

関連カード

―相手フィールドに出すモンスター

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:相手フィールド上に特殊召喚できる効果誘発効果エクシーズ召喚できない効果永続効果です。(13/04/22)

Q:このカード自分フィールド上に存在する場合に《高等紋章術》発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/04/20)

Q:このカード自分フィールド上に存在する場合にRUM発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/06/21)

Q:ダメージステップ中にこのカードの効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/04/20)  


Tag: 《飛翔するG》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 昆虫族 攻700 守700

広告