氷結界(ひょうけっかい)破術師(はじゅつし)/Warlock of the Ice Barrier》

効果モンスター
星3/水属性/魔法使い族/攻 400/守1000
自分フィールド上にこのカード以外の
「氷結界」と名のついたモンスターが存在する限り、
お互いに魔法カードはセットしなければ発動できず、
セットしたプレイヤーから見て次の自分のターンが来るまで発動できない。

 DUEL TERMINAL −ジェネクスの進撃!!−で登場した水属性魔法使い族下級モンスター
 氷結界モンスターが他に存在する場合に魔法カードの使用を制約する永続効果を持つ。

 《魔封じの芳香》と同一の効果を発生させることができるため、影響力は大きい。
 しかし、氷結界モンスターを並べ、さらに守る必要があるので、《魔封じの芳香》の方が扱いやすい。
 《氷結界の封魔団》と役割が重複している点も評価を下げる。
 こちらは手札コストこそ不要だが、ステータスで大きく劣り、結局維持に更なるカードを消費しかねない。

 魔法カードの使用を制約する効果は、相手デッキによっては有効になるが、こちらの魔法カードも制約してしまう。
 《氷結界の封魔団》と違い、効果は継続するが、逆に言えば任意のタイミングで魔法カードを使う事ができない。
 しかし、フィールドから離せば発動可能になるので、レベル3の氷結界と並べていた場合はエクシーズ素材にすることで魔法カードを使用できる。

 《氷結界の紋章》《浮上》など【氷結界】で重要な魔法カードと相性が悪いため構築には注意が必要。
 単純に《魔封じの芳香》モンスター版というようにはいかないだろう。
 それでも《デモンズ・チェーン》《安全地帯》といった防御カードの天敵となる《ハーピィの羽根帚》《サイクロン》を妨害できるため、《氷結界の虎王ドゥローレン》を軸とするならば悪くはない効果である。
 あちらの効果でも解除可能なので、《心鎮壷》等と組み合わせればいやらしい動きができる。
 《デブリ・ドラゴン》から《氷結界の龍 グングニール》シンクロ召喚できるため、これでセットされた魔法カード除去するのも良い。

  • 英語名の「Warlock」は上記の通り男性の魔法使いを意味するが、原義として「反逆者・誓いを破る者」等といった悪い意味があり、どちらかといえば悪役に使われる事がある名詞である。
    「破術」というニュアンスといい、封印されている氷結界の龍の解放に関係があるのだろうか。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:永続効果です。(12/05/02)

Q:このカードが存在する時に、通常魔法を伏せました。
  そのターンの間にこのカードが場を離れた場合、このターンに伏せた通常魔法発動できますか?
A:はい、メインフェイズ中ならばできます。(12/05/02)


Tag: 《氷結界の破術師》 効果モンスター モンスター 星3 水属性 魔法使い族 攻400 守1000 氷結界

広告