封魔(ふうま)伝承者(でんしょうしゃ)/Disciple of the Forbidden Spell》

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1700/守 800
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する「封魔の伝承者」の数だけ属性を宣言する。
このカードが宣言した属性のモンスターに攻撃を行う場合、
ダメージ計算を行わずそのモンスターを破壊する。

 SHADOW OF INFINITYで登場した光属性戦士族下級モンスター
 宣言した属性モンスター破壊する誘発効果を持つ。

 同名カードを必要とするため、このモンスターを使う場合は当然デッキに3枚投入し、《増援》《戦士の生還》から即座に手札加えることができるようにしたい。
 効果が発揮できない1体目の段階でもそれなりに戦えるため、《おろかな埋葬》《連鎖破壊》等で無理に墓地へ送る必要はない。

 1体目でも攻撃力1700と最低限の戦闘を行えるステータスであり、レベル4・光属性戦士族を活かして幅広いエクシーズ召喚に活用できる。
 2枚目以降からは相手モンスター1体を除去でき、次へ繋げる事ができる。

 属性統一テーマ相手なら除去から守ってやれば複数回効果を使え、《DNA移植手術》を使えば相手モンスター属性に関わらず除去できる。

  • コナミのゲーム作品において―
    効果と名前から、FCのゲームソフト『月風魔伝』の《龍骨鬼》に倒された《月風魔》の兄たちと推測される。
    兄たちは古くから伝承される伝説の宝刀「波動剣」を所持しており、これは全部で3振り存在する。
    効果はそこから来ているのだろう。

関連カード

墓地同名カードの数によって強化されるカードこちらを参照。

収録パック等

FAQ

Q:対象をとる(指定する)効果ですか?
A:対象をとる(指定する)効果ではありません。(11/08/12)

Q:墓地に《封魔の伝承者》が存在しない時に召喚反転召喚特殊召喚した場合もチェーンブロックは作られますか?
A:はい、その場合も効果発動し、チェーンブロックを作ります。(13/03/29)

Q:墓地に《封魔の伝承者》が2体存在する時、3体目を召喚しました。
  この時発動した誘発効果に相手が《ロスト》チェーンし、こちらの墓地の《封魔の伝承者》1体を除外しました。
  この場合の処理はどうなりますか?
A:属性宣言効果を処理する時に行います。
  つまり、この場合は宣言を行うときに墓地には1体しか存在しないため、属性を1つしか宣言できません。

Q:ダメージステップ時にもチェーンブロックを作りますか?
A:作ります。(08/09/28)

Q:闇属性宣言したこのカード《A・O・J カタストル》攻撃しました。
  チェーン2でこのカード破壊されてしまいますが、《A・O・J カタストル》破壊できますか?
A:その場合でも、《A・O・J カタストル》は《封魔の伝承者》の効果破壊されます。(12/08/22)


Tag: 《封魔の伝承者》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 戦士族 攻1700 守800

広告