風霊神(ふうれいしん)ウィンドローズ/Windrose the Elemental Lord》

効果モンスター
星8/風属性/鳥獣族/攻2800/守2200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の風属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。
このカードが特殊召喚に成功した時、
相手フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。
「風霊神ウィンドローズ」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードがフィールド上から離れた場合、
次の自分のターンのバトルフェイズをスキップする。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した風属性鳥獣族特殊召喚モンスター
 霊神共通の召喚条件ルール効果特殊召喚に成功した場合に相手フィールド魔法・罠カードを全て破壊する誘発効果を持つ。

 特殊召喚には墓地風属性モンスターが5体ちょうど必要であり、重いモンスターである。
 【ドラグニティ】《竜の渓谷》を有し、シンクロ召喚の過程で大きく墓地を肥やせるため、特殊召喚しやすい。
 リクルーターの多い【ガスタ】でも墓地風属性モンスターを貯めやすく、墓地が肥えすぎていても《ガスタの静寂 カーム》などによって調整できる。

 特殊召喚時の効果《ハーピィの羽根帚》と同じだが、現環境では全体除去を警戒して、魔法・罠カードが多く伏せることが少ないか、対策となる《神の宣告》《スターライト・ロード》等がある可能性が高い。
 発動に成功しても《奈落の落とし穴》等をチェーンされ、大したアドバンテージを稼げない場合もある。
 このカード相手制圧するというよりは、このカード相手の妨害手段をなくし他のカード制圧するという使い方になる事が多いだろう。

 次の自分ターンバトルフェイズスキップするデメリットに関しては、特殊召喚時の効果との兼ね合いで他の霊神よりも起こりやすい。
 鳥獣族なので《ゴッドバードアタック》《スワローズ・ネスト》サクリファイス・エスケープもできるが、その場合もバトルフェイズスキップは起こる。
 幸いにも、自分ターンフィールド離れてもそのターンバトルフェイズスキップされないため、なるべく効果発動したそのターンで流れを引き寄せておきたい。

  • ウィンドローズとは日本語で風配図と呼ばれ、風の向きや勢いを記録した図のことを指す。
    また「ローズ」にちなんでか、イラストには「薔薇」の要素が見受けられる。
  • 原作・アニメにおいて―
    Dチーム・ゼアルの「遊馬vsアルファー」戦において、先攻ターン目でアルファーがドローしていたのが確認できる。

関連カード

―効果関連

収録パック等

FAQ

 霊神共通のものは霊神のFAQを参照。


Tag: 《風霊神ウィンドローズ》 モンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター 星8 風属性 鳥獣族 攻2800 守2200 正規の方法以外での特殊召喚不可 霊神

広告