変則(トランスミッション)ギア》

通常罠
(1):自分のモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
相手プレイヤーとジャンケンを行う。
引き分けの場合はジャンケンをやり直す。
負けたプレイヤーはその戦闘を行う自身のモンスターを裏側表示で除外しなければならない。

 CODE OF THE DUELISTで登場した通常罠
 モンスター同士が戦闘を行うダメージ計算時ジャンケンを行い、負けた方のプレイヤーモンスター裏側表示で除外する効果を持つ。

 再利用手段が少ない裏側表示での除外である、ダメージ計算時に使える、対象をとらない、プレイヤー除外を強制する効果なので効果耐性も無視できると、破格の除去性能を持つ。
 だが、その一方、判定方法はジャンケンという運要素の強いものであり、安定的に効果を使えるものではない。
 普通に使えば、勝っても1:1交換止まりであり、負ければこのカード自分モンスター、合わせて2枚分の損失になってしまう。
 戦闘を介する必要があり、妨害されやすい点も含めると使い切りのギャンブルカードに見合った成果が得られるかは怪しい。
 ダメージステップ中に効果耐性を持っているモンスターを運勝負に持ち込んででも除去したいなら、採用もありえるかもしれないが、そんな場面はほとんどないだろう。
 【ギャンブル】ジャンケンに自信があれば採用してみてもいいかもしれない。

  • 「トランスミッションギア」とは、動力源のエネルギーをタイヤ等の活軸に伝達し、速度や回転方向を変える歯車機構の事を指す。
    「変速機構」とも呼ばれており、このカード名も「変速」と「変則」をかけたものになっている。

関連カード

プレイヤーに特定の処理を強制するカードについては「プレイヤーは◯◯しなければならない」効果のページを参照

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《変則ギア》 通常罠

広告