補給部隊(ほきゅうぶたい)/Supply Squad》

永続魔法
(1):1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが
戦闘・効果で破壊された場合にこの効果を発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

 スターターデッキ(2014)で登場した永続魔法
 1ターンに1度自分モンスター破壊された場合にドローする効果を持つ。

 発動条件が緩く、破壊された場合に発動する効果を持つカードを併用すればアドバンテージを得ることもできる。
 相手からの破壊効果戦闘破壊はもちろん、自分《激流葬》等の破壊効果自爆特攻でもドローでき、強制効果であることからタイミングを逃すリスクもない。
 モンスター破壊されただけで効果発動できるので、《奈落の落とし穴》等で「破壊され除外」された場合や消滅するモンスタートークンモンスターとして使用されたペンデュラムモンスター等が破壊された場合も、問題なく効果適用される。

 能動的に自軍モンスター破壊できるデッキでは、恐るべきドローエンジンとなる。
 具体的には、味方の破壊が基本戦術となっている【炎王】【スクラップ】自壊を戦術に組み込む【機皇】【デーモン】等と相性が良い。
 この効果1ターンに1度しか使えないので、《スクラップ・ポリッシュ》《ジェネレーション・チェンジ》などで相手ターンに自軍モンスター破壊するとドロー効率が良くなる。
 【炎王】では《炎王神獣 ガルドニクス》2枚による相互破壊や、《炎王獣 バロン》《炎王炎環》サーチして入れ替え続ける事で、自分相手ターンに1枚ずつドローし続ける事が可能。
 【EM】でもデッキの中心となる《EMペンデュラム・マジシャン》の存在により恒久的なドローソースになり得るので相性が良い。
 《天空の虹彩》《ドラゴニックD》メタルフォーゼ等も自分フィールドカード破壊でき、サーチが容易なため相性がいい。

 逆に、自らモンスター破壊するギミックを持たないデッキでは発動相手依存になるため、そこまでの活躍は見込めない。
 《サイクロン》を撃たれても1:1交換なので損をするわけではないものの、デッキを選ばず投入できるカードというわけではない。
 自軍の破壊を戦術に組み込んでいるデッキでこそ有効に活用できるカードである。
 また、《波動キャノン》等のように、敢えて魔法・罠カード除去の的にするという戦術も考えられる。

 自爆特攻でもドローできるので、リクルーターとは相性が良い。
 しかし、自分フィールドモンスターに限定されるため、リクルーターと相性の良い《強制転移》との相性はイマイチである。
 反対にコントロール奪取した相手モンスターであっても、自分フィールド破壊されればドローできる。
 ただし、リクルーターを数多く採用するデッキの場合にはリクルート先をドローし尽くすことも考えられるため、複数枚張る場合は気を付けたい。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:自分フィールド上のトークン破壊された場合、このカードの効果発動しますか?
A:はい、発動します。(14/03/27)

Q:戦闘破壊されたモンスターダメージ計算後《御前試合》によって墓地へ送られた場合、このカードの効果発動しますか?
A:戦闘によって破壊されているため、発動できます。(16/04/18)

Q:戦闘破壊されたモンスター《超念導体ビヒーマス》効果除外された場合は発動しますか?
A:発動しません。(16/10/27)

Q:《イビリチュア・メロウガイスト》効果戦闘破壊されたモンスターデッキに戻る場合でも発動しますか?
A:はい、発動します。(15/01/08)

Q:このカードが2枚ある時に自分モンスター破壊されると2枚ドローできますか?
A:はい、2枚ドローします。(15/03/30)

Q:デッキが0枚の時に効果発動するとどうなりますか?
A:ドローできず、敗北が決定します。(15/03/30)


Tag: 《補給部隊》 魔法 永続魔法

広告