墓守(はかもり)異能者(いのうしゃ)/Gravekeeper's Supernaturalist》

融合・効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2000/守2000
「墓守」モンスター×2
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
このカードの融合素材としたモンスターの元々のレベルの合計×100アップする。
(2):フィールドに「王家の眠る谷−ネクロバレー」が存在する限り、
このカード及び自分のフィールドゾーンのカードは効果では破壊されない。
(3):自分メインフェイズに発動できる。
このターンのエンドフェイズに、
デッキから「墓守」モンスター1体または「ネクロバレー」カード1枚を手札に加える。

 SOUL FUSIONで登場した闇属性魔法使い族融合モンスター
 融合素材レベル合計に連動して自己強化する永続効果《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在する時にフィールドゾーンカードと自身に効果破壊耐性を与える永続効果メインフェイズ発動エンドフェイズに「墓守モンスターまたは「ネクロバレーカードサーチする起動効果を持つ。

 魔法使い族融合モンスターであるため、《円融魔術》に対応しているが、《王家の眠る谷−ネクロバレー》墓地除外封印に引っ掛かってしまう。
 《墓守の長》と併用するなど、プレイングで対処できなくもないが、基本的には同じ墓守に属する《墓守の霊術師》効果融合召喚することになるだろう。
 《墓守の偵察者》《墓守の神職》《墓守の霊術師》特殊召喚すれば融合素材の準備も整うので、【墓守】における融合召喚の難易度はかなり低い。

 (1)は、融合素材レベルの合計値に比例する自己強化効果
 レベル4のモンスター2体を融合素材としても攻撃力2800にまで上がる。
 元々の攻撃力は低いが《王家の眠る谷−ネクロバレー》による強化も併用することで、容易に攻撃力3000を超えるためアタッカーとして活用できるだろう。
 なお、融合素材を必要とする関係上、蘇生帰還をするとこの強化適用されない。

 (2)は、実質的に自身と《王家の眠る谷−ネクロバレー》効果破壊から守る効果
 自身の戦闘破壊は(1)の効果によりある程度対応できるが、除外バウンスでどちらかを狙われるともう片方も耐性を失うので頼りすぎるのは危険だろう。

 (3)は、タイムラグのあるサーチ効果
 そのターン中に使うことができないためやや遅いが、サーチ範囲自体は広いので次の戦略を見据えてカードを選びたい。

関連カード

イラスト関係

収録パック等

FAQ

(3)の効果について

Q:(3)の効果発動した《墓守の異能者》が、エンドフェイズフィールドに存在しなくなっている場合、処理は適用されますか?
A:(3)の効果発動などが無効化されず、そのチェーンブロックの処理が適用された状態でエンドフェイズを迎えたのであれば、
  効果発動した《墓守の異能者》がフィールドに存在しなくなっている場合でも、効果処理は通常通り適用されます。 (18/07/13)


Tag: 《墓守の異能者》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星7 闇属性 魔法使い族 攻2000 守2000 墓守

広告