墓守(はかもり)使徒(しと)/Gravekeeper's Nobleman》

効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1000
このカードが相手モンスターの攻撃によって破壊され墓地へ送られた時、
デッキから「墓守の使徒」以外の
「墓守」と名のついたモンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚できる。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 相手攻撃戦闘破壊され墓地へ送られた時、墓守裏側守備表示リクルートする誘発効果を持つ。

 墓守であればレベルステータスは問わない。
 これまでの墓守ではリクルートサーチもできなかった《墓守の大神官》を呼び込むことも可能である。
 しかし範囲の広さの代償か、自爆特攻送りつけでは効果発動できず、相手に依存するので扱いにくさが目立つ。
 また、《墓守の長》《墓守の審神者》アドバンス召喚でなければ効果を使えず、《墓守の祈祷師》表側表示で存在することが前提の効果である。
 リクルート範囲は幅広いが《墓守の大神官》以外の墓守上級モンスターとは噛み合わないので、基本的にはリバース効果を発揮する下級墓守が対象となる場合が多いだろう。
 特にリバース効果持ちの《墓守の偵察者》《墓守の番兵》《墓守の召喚師》ではサーチできなかったので、このカードの登場によって奇襲性が増した。

 先述のように発動条件相手に依存するため、狙って発動するのは難しいだろう。
 しかし【墓守】に採用され、セットされる可能性のあるモンスターとして《墓守の偵察者》《墓守の召喚師》が存在するため、心理戦に持ち込める利点がある。
 先ず相手《墓守の偵察者》を想定する場合。
 《墓守の偵察者》は自身を消費する事なく展開を行えるため、放置すると《墓守の末裔》エクシーズ召喚という【墓守】側に有利な展開を許してしまう。
 相手としては後続のリクルートを無視してでも戦闘破壊してしまうか、セット状態のまま除去を行いたい。
 だがセット状態のままで除去する手段は非常に限られており、そのほとんどが墓地に送るタイプかつなんらかのコストエクシーズ召喚などを含む)を要求する。
 そのため、仮にセットモンスター《墓守の召喚師》だった場合、不利な取引に終わるリスクがある。
 《墓守の召喚師》を放置した場合は直接的な展開は許さないものの、《墓守の末裔》召喚されるとやや都合が悪い。
 【墓守】通常召喚以外の展開手段が非常に限られていることから、上記2種を想定するのであれば、高攻撃力のもので戦闘破壊してしまうのが、一番リスクが低い選択という事になる。
 しかし3つ目の可能性としてこのカード戦闘破壊してしまうと、《墓守の偵察者》を放置した場合+αという最も【墓守】側に都合の良い展開を許してしまう。
 《墓守の末裔》およびランク4のほとんどに有効な対象耐性をもつものや、特殊召喚封じのメタカードによって返しの展開そのものに対応するという事が可能ではあるものの、汎用的な解決手段の多くに対してけん制をかけられるようになる点は有意義であると言える。

 また単体で召喚することに不都合がないカードであるため、《ネクロバレーの王墓》《ネクロバレーの祭殿》の条件を満たしやすくなるという利点もある。
 リクルート裏側守備表示で行われるので、一度戦闘破壊することで条件を外すことはできるが、自身の役割を果たすことは可能となる。
 上述の通りリクルート対象に含まれる《墓守の大神官》も相性が良いため、これらを扱うならばある程度の枠を割いておく価値はあるだろう。

  • 「使徒」という肩書そのものは「使者」とそう大差のない意味であるが、一般的には高位の宣教者など、キリスト教関連で用いられることが多い。
    エジプト王朝の墓守とは関連性が薄いためか、英語名では《抹殺の使徒》などと同様に「Nobleman(貴族)」とされている。
    • なお原作においてはシャーディーが「アヌビスの使徒」として、この肩書を使用している。

関連カード

カード名関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手コントロールする、元々の持ち主が自分のこのカードを、自分戦闘破壊した場合でも効果を使えますか?
A:いいえ、発動する事はできません。(13/11/17)

Q:相手コントロールする、元々の持ち主が自分のこのカードを、自分《マジック・ランプ》効果相手戦闘破壊した場合に効果を使えますか?
A:いいえ、発動する事はできません。(18/01/18)


Tag: 《墓守の使徒》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 魔法使い族 攻1000 守1000 墓守

広告