墓守(はかもり)偵察者(ていさつしゃ)/Gravekeeper's Spy》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2000
リバース:自分のデッキから攻撃力1500以下の「墓守の」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。

 新たなる支配者で登場した闇属性魔法使い族下級リバースモンスター
 リバースした場合に攻撃力1500以下の墓守リクルートする誘発効果を持つ。

 高い守備力を活かし、同名カードリクルートできるため、としてもリリース役や各種素材要員としても有用。
 戦闘破壊《フォトン・スラッシャー》等のモンスターで無ければ難しく、生き残ればメインフェイズ2で除去されても1体を維持できるので、としての能力は高い。
 除去される事も少なくないが、様子見で殴ってきた《H・C 強襲のハルベルト》などの攻撃を止めつつ展開できる点は、現在でも侮れない。

 【墓守】では、《王家の眠る谷−ネクロバレー》適用下で上級モンスター級の守備力となり、突破困難なになる。
 また、《墓守の神職》とはお互いに特殊召喚し合える関係で、裏側守備表示でも特殊召喚可能な事から非常に相性が良い。
 アドバンテージ源となる《墓守の末裔》《墓守の召喚師》リクルート候補として有用だろう。

 上述したように、モンスターとしての性能の高さと、同名カードのみでも機能する点から、【墓守】以外のデッキでも採用できる。
 【墓守】以外で3枚採用した場合の注意点として、最後の1枚が腐る点が挙げられる。
 プレイングにもよるが、枚数を2枚に抑える、《墓守の番兵》《墓守の末裔》《墓守の監視者》といった汎用性が高い墓守を投入する、《ダイガスタ・エメラル》等で戻すといった手がある。

  • 「偵察者」であるにもかかわらず、槍を持っている「番兵」より攻守が高い。
    味方がバックにいる番兵より、敵地に乗り込むスパイの任務の方が圧倒的に危険であり、より高い資質が必要という見方もできる。

関連カード

リクルート可能なモンスター一覧

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《墓守の偵察者》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻1200 守2000 墓守

広告